11月がやってきた

2015年1月16日 (金)

下呂温泉

飛騨高山に向かう国道472号線(せせらぎ街道)を飛騨大原局の手前で右折し、国道257号線に入った。八幡吉田簡易局付近ではほとんど紅葉していなかったのだが、道沿いの木々は色づき紅葉の見ごろを迎えていて、今日一日の中で最高の景色を楽しんだ。しかし、山里の日が暮れる時間は早く、夕方5時を過ぎると真っ暗になってしまったのは残念。

その後は、町らしい町も無い暗い夜道をひたすら進み、長い新日和田トンネルを抜けると、いっきに人家が広がり、ほどなく飛騨川沿いに広がる下呂温泉に到着。

203下呂温泉

有料駐車場に車を停めて、温泉街を歩き共同浴場の白鷺の湯に向かった。

名前が知られている温泉は、ほとんど入っているが、なぜか下呂温泉は縁がなく、今まで入った事が無かった。

お湯は熱かったが、窓越しに見る対岸の温泉の灯りに旅情を感じながら温泉を楽しんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

道の駅 明宝

未訪局を5局廻って時間は午後3時半を過ぎていた。

しかし、昼食はとっていない。

せっかく岐阜県まで来たのだから地元の名産品を食べたいと思い、八幡吉田簡易局からすこし走った道の駅明宝に立ち寄り遅い昼食をとった。

179明宝ハムステーキ定食

贈答品で知られる明宝ハムが厚く切られたステーキと赤だしの定食。

メインのハムは肉汁たっぷりで美味しかった。

184晩秋の季節

道の駅の裏山は紅葉の見ごろを迎えており、外気温は夕方4時で8度。

この気温では高山から標高の高い新平湯をぬけて安房トンネル経由の松本インターは、夏タイヤでは不安だ。そこで下呂から中津川インター経由で帰る事にした。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

八幡吉田簡易郵便局

大伊木簡易郵便局から、県道17号線経由で東海北陸自動車道の関インターに向かい、高速を20分チョット走って郡上八幡インターで降りて、今日最後の訪局に成る八幡吉田簡易郵便局に。

途中の郡上の街並みは素朴な感じが素敵で、時間が有ったら車を停めて散策したいと思った。

151
八幡吉田簡易郵便局 24877

平成26年11月18日15時18分

夏に静岡県から岐阜県の未訪局を廻った時に訪ねる予定だったが、事故渋滞で断念した局だけに、無事ただりついて感動もひとしおだった。

140

152

| | コメント (0)

2015年1月10日 (土)

大伊木簡易郵便局

川名簡易郵便局で静岡県の訪局を終えて、次は愛知県を通り越し、岐阜県各務原市の大伊木簡易郵便局に向かった。

107大伊木簡易郵便局

平成26年11月18日13時26分

今回の日程は会社を休める日を優先に決めたのだが、大伊木簡易郵便局は貯金開始初日に当たった。

初日と言う事も有って、なかなかスムーズに事務作業は進まず、到着して局を出るまで40分ほどかかってしまった。。

116

| | コメント (0)

2015年1月 6日 (火)

川名簡易郵便局

宇刈簡易郵便局を後にして、同じ道を戻るのつまらないので、森インターよりひとつ名古屋に寄った遠州森町パーキングに併設されているスマートインターチェンジから新東名に入り、浜松サービスエリアに併設されているスマートインターチェンジから出て、里山の景色を眺めながら局に向かった。

県道68号を利用したが、都田川ダム付近が対向車が来るとすれ違いが困難な道なので、少し遠回りになるが、新田公民館の下の三差路を左に曲がった方が楽だ。

066川名簡易郵便局

平成26年11月18日11時25分

県道を走っていると郵便局の入口を示す看板が立っており、それに導かれながら進んで行くと、小学校の校門にたどり着いた。鉄筋コンクリート造りの立派な校舎が建つ小学校の中を半信半疑でのぞくと、窓に郵便局の看板がかかっていてホッとした。

通帳に押されたゴム印にも、川名小学校内と入っており、局長さんに訪ねると、小学校は数年前に閉校したとの事。なお、同じ静岡県の伊豆半島の簡易局にも小学校の旧校舎を利用した局が有る。

056

083

| | コメント (0)

2015年1月 4日 (日)

宇刈簡易郵便局

再び新東名に乗って、森インターで降りて宇刈簡易郵便局に。

046宇刈簡易郵便局 23878

平成26年11月18日 10時36分

この局は平成26年9月1日に再開と同時に貯金扱いを開始した。実はその13日前の8月19日に近隣の和田岡簡易郵便局を訪ねており、その時にこの局舎の前を車で通った。横目で眺めながらやっていればなと思った局だった。

049

| | コメント (0)

2015年1月 2日 (金)

三島長窪簡易郵便局

平成25年11月18日、青空の下、朝日を浴びて黄金色に輝くイチョウがまぶしい東京の街を背にして東名高速で西に向かった。

御殿場インターの先で新東名に入り、最初のインターの長泉沼津インターで降りた。

料金所を出ると、伊豆縦貫道に向かうルートがメインに造られており、左端の出口から一般道に向かった。

インターを取り囲むかのように走り、坂を下って窪地に向かって行くと、信号を左折した先に三島長窪簡易郵便局が有った。

002三島長窪簡易郵便局 23707

平成26年11月18日 9時

局から空を見上げると、手前に新東名、奥に東名高速が走っており、高速道路に囲まれた集落だなと思った。

局前で、開局時間を待っていると、子供を連れて保育園に向かう母親が次々に現れて子供の多さにびっくりした。

022

| | コメント (0)

2015年1月 1日 (木)

再び東海地方に

新年早々に昨年11月の郵便局廻りの話を書くのは気が引けるところですが、よろしかったらお付き合い下さい。

昨年の秋も仕事が忙しかった。朝7時前後に家を出て夜10時過ぎに帰って来る毎日が続いた。忙しい日々の中でも確実に季節は進んで行き、こがらしが吹き、北からは雪の便りが東京にも届いた。冬が訪ねてくる前に積雪が心配な地域を急いで廻っておかねば、来春まで行けなく成ってしまう。そんな、毎年恒例の冬前の局めぐりに今年も行ってきた。

訪ねた場所は、夏に訪ねようとしたが事故渋滞で時間が足りなくなってしまって行く事が出来なかった岐阜県郡上八幡町の八幡吉田簡易局と、東海地方の静岡・岐阜県で9月以降に新たに貯金扱いを開始した簡易局の4局の合計5局。

9月以降の貯金開始局はいずれも温暖な土地で問題は無いのだが、飛騨の山すそに有る八幡吉田簡易局が雪の心配が有った。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

11月がやってきた | 23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | 26年春 局めぐり  | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | もう一度の九州 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 北の離島 奥尻が呼んでいる | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 平成26年 局めぐりスタート | 平成25年晩秋 東北を訪ねて | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東京大環状 訪局 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に