« 津小川局 | トップページ | 加太郵便局 »

2009年2月21日 (土)

津豊が丘郵便局

 津小川局で預入を終えて、津市内の未訪局は津豊が丘局だけになった。一身田までは先ほどと同じルートで戻り、そこから先は県道・津関線で北上して行く。高野尾町に入りコンビ二が左にある信号を右折して暫らく坂を上ると、山を切り開いた新興住宅街が現れた。局はどこだろうと、メイン通りを進みながら探すが見当たらない。スーパーの路地の先の左手にそれらしい建物を発見。慌てて引き返し局にたどり着いた。

Photo_2 津豊が丘郵便局

局の周りは同じような感じの住宅が並んで建っていた。その事が気になって帰宅後に調べて見た。すると、この住宅街は、大阪本社のダイワハウスが主体に成って開発した豊里ネオポリス。民間主導で開発した土地だということを知った。関東の電鉄や公団が主体になって開発した場所と、どおりで雰囲気が違うわけだ。

そういえば、局名のがの表記が関東だとケが多い。そこにも微妙な違いが・・。

|

« 津小川局 | トップページ | 加太郵便局 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 津小川局 | トップページ | 加太郵便局 »