« ムーンライトながら | トップページ | 右京郵便局中央市場内分室 »

2009年3月 8日 (日)

西陣郵便局松ヶ崎分室

 今日(3月4日)の郵便局巡りの目的は、民営化を直前に控えた平成19年夏に、法律上の問題から分室の親局が変更に成ったことにより、局所コード(取扱店番号)が変わった関西の分室局を巡る事だ。

 そして、明日(3月5日)は瀬戸内の離島局を中心に訪ね、いずれも青春18キップをメインに利用して公共交通機関だけで廻る事を考えている。そのため今日は、JR以外にも私鉄・地下鉄・バス・モノレールを効率よく活用し、今日は動、明日は静のメリハリの効いた行程で作ってみた。

 さて、昨晩(3月3日)横浜駅から乗った「ムーンライトながら」では、今朝早かった事も手伝って、大船の横須賀線を過ぎた辺りから記憶が無くなり、その後が小田原駅を出た後の車内放送、そして長時間停車の駅と、断片的にしか覚えておらず気が付くと名古屋駅手前だった。よく寝たとなと自分でも驚く。名古屋駅を過ぎると車内の様子も変わり、旅行客中心から通勤客が目立つようになった。終点大垣駅で隣りホームに停まっている加古川行きの電車に乗り換える。以前は、この乗り換え大混雑を極めたが、今日は穏やかであっけなくJR西日本の電車の窓側に座ることが出来た。この乗換えを考えて、階段付近に近い3号車の指定席を指名買いした私はいったいなんだったんだろうと思ってしまった。

 曇天の中、列車は進み関が原付近では雪景色が楽しめるかなと、昨日東京で雪が降ったこともあって少し期待していたが、やはり空は曇天のままだった。そして伊吹山の雪の少なさに春の近さを感じた。

 米原駅で、隣りホームの新快速に乗り換えて京都市内最初の駅、山科駅で今度は地下鉄に乗り換え、更に烏丸御池駅で烏丸線に乗り換えたが、駅の構造が地方から来たものにとっても判り易い構造に便利さを感じた。そして局の最寄り駅の松ヶ崎駅にたどり着いたのは9時1分だった。

Photo 西陣郵便局松ヶ崎分室(44199)

以前は左京郵便局保険事務センター内分室(44080)だった。郵便局マークの下にシールが張られているが、その下には旧名称が記載されているのだろうか。

保険事務センター内分室と名乗っていた時は、阪神淡路大震災が有った平成7年の3月1日に訪ねている。この時も青春18きっぷ利用で往復とも大垣夜行を利用している。行き方も、10数年立っても同じと言うのは・・。

松ヶ崎駅の出口は、道路を横断する事になるが京都駅側のほうが近い。駅から局迄は徒歩4~5分程度。

|

« ムーンライトながら | トップページ | 右京郵便局中央市場内分室 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムーンライトながら | トップページ | 右京郵便局中央市場内分室 »