« 坊勢島にて | トップページ | 坊勢渡船 »

2009年3月23日 (月)

家島坊勢郵便局

 昨日降りた船着場を過ぎ、さらに岸壁沿いの道を進んでいくと、斜面いっぱいに広がる島の中心部の集落が見えた。局は、確か信用組合の角を集落の方に進んで行きと・・と、昨日眺めた地図を思い出しながら歩いて行くがそれらしい建物はない。「良いや、時間はたっぷりある」と、暫らく迷いながら島の雰囲気に浸っていく。しかし5分立ち、10分を過ぎると、だんだん不安に・・。仕方なくすれ違った島民に尋ねると、局の場所は、島外の者にとっては少し判りずらい路地裏の入り組んだ場所に有った。

Photo_4 郵便局はとんでもない場所から現れた

自転車がやっと通れる道幅ほどの路地の間進んでいくと、局はなんと下のから見えてきた。

Photo_5 全体写すのは無理だった

立ち位置を変えてみたり、色々な角度で構図を考えてみたが、狭い路地に面して建つ局舎の全体を写すのは無理だった。

家島坊勢郵便局、まるで家島の島内にあるような表現の局名だが、家島諸島の坊勢島にある郵便局だ。

Photo_6 魚眼レンズのような光景だ

局舎の窓から撮った島の風景。険しい崖に立ち並ぶ住宅。

そして、局からの港に向かう途中白いものが屋根の上を飛んでいった。なんだ!と思って見上げると、なんとそれはネコだった。これだけ家が密集していたら、ネコにとっては屋根の上を飛んでいった方が確かに速いと思う。

|

« 坊勢島にて | トップページ | 坊勢渡船 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坊勢島にて | トップページ | 坊勢渡船 »