« 頭島郵便局 | トップページ | 旅の終わりに »

2009年4月 4日 (土)

頭島・牡蠣の島

船を降りた場所の近くに、海に向かってベルトコンベヤーが延びるチョット変わった建物があった。局に行った後、帰りの船まで時間が有ったのでのぞきに行ってみた。

Photo_6 島の作業場

等間隔に海に向かって延びるベルトコンベヤー。その先には漁船が頻繁に出入りし、船の積荷をコンベヤーに移し変えていた。何をしている工場だろうと、帰りの船をまちつつ桟橋から眺めた。

Photo_7

その正体は牡蠣だった

何をしている工場なのか興味深々に建物の反対側に廻ってみた。そこには船から降ろされた牡蠣のむいた後の貝殻が、ベルトコンベヤーに乗っていた。

工場を眺め終えて定期船を待っていると、海上タクシーが桟橋につき、工場から出て来た多くの若い女性が乗り込んでいった。ここで働いている人は本土から渡って来てようだ。

Photo_8 工場の裏手には・・・

数匹のネコが戯れていた。どれも毛並みが良い。きっと工場の従業員から可愛がれ、餌を頂戴しているのだろう。

|

« 頭島郵便局 | トップページ | 旅の終わりに »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 頭島郵便局 | トップページ | 旅の終わりに »