« 南北大東島のチャンス? | トップページ | 新潟県最後の未訪局に向かって旅立つ »

2009年4月 8日 (水)

そんな!トカラ~

鹿児島の薩摩半島と奄美群島の間に、トカラ列島と呼ばれる島々が有る。今年7月の皆既日食の絶好の観察ポイントとされている場所だ。

この列島には、口之島・中之島・宝島の3島にそれぞれ1局づつ郵便局が有る。しかし、船の便が悪く通常週2往復と少ないうえに、各島の停泊時間も10分から20分と短く港から局までの離れている。その為、郵便局に行っている間に乗ってきた船は港を離れてしまい、次に来る船は逆方向なら翌日か翌々日。同じ方向に進もうと思うと数日待つことになり、たった3局だが、全部廻ろうと思ったら最低1週間近くは必要に成る、会社をやめない限り行けない郵便局だ。

それだけに、郵便局廻りをしている人々や離島を訪ね歩いている人の間では、東の小笠原諸島と並んで、日本の数多い有人島の中でもっとも行きにくい島とされているようだ。

そんな困難な島だからこそ私も行ってみたい。

しかし、年1回だけサラリーマンでも行けるチャンスが有る。それは、毎年5月に島民の検診が行なわれる時に運航されるレントゲン検診便を利用することだ。この便は、名前の通り検診目的なので、船の各島の滞在時間は普段よりかなり多めにとってあり、それを利用する事により、3局うち口之島以外の2局を訪ねる事が出来る。

この機会のためにJALマイルもコツコツ貯めてきた。

今年も先月にその便の運航日が発表になった。例年月曜日の夜に鹿児島港をたって、各島を廻って水曜日に奄美大島に入港するダイヤを組んでいたので、今年は5月18日又は25日かなとワクワク期待しながら、村のホームページから特別ダイヤのファイルをクイック。

開いたファイルを見て、ガァ~ン。しばし呆然。

なん、なんと、今年は5月21日の木曜日出航になっている。これだと宝島は土曜日に成ってしまい窓口預入は不可で、窓口預入できるのは中之島のみになってしまう。それだったらメリットは無い。通常の月曜日に乗って行き、翌日に中之島で下船して1泊、翌日水曜日に帰って来るのと、なんら変わらなく成ってしまう。

島巡りを楽しむ事が目的のサラリーマンだったら、木曜日に早めに会社を出て、金曜日1日休むだけで、トカラ列島の自然を充分堪能でき、さらに土曜日に奄美でもう1泊楽しめるパラダイスダイヤだが、こちらは郵便局目的。したがって船が島に立寄る2日間とも平日でないとまずいのだ。

さらに打ちのめされるかのように、唯一窓口貯金可能な中之島に立寄る日が、よりによって私の10回目の結婚記念日。こんな日を郵便局目的に留守にする事は出来ない。

そして、憧れのトカラが遠のいていった。

|

« 南北大東島のチャンス? | トップページ | 新潟県最後の未訪局に向かって旅立つ »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南北大東島のチャンス? | トップページ | 新潟県最後の未訪局に向かって旅立つ »