« 天和駅 てんほ~う? いいえ、てんわ駅です | トップページ | 頭島郵便局 »

2009年4月 2日 (木)

頭島に

 天和駅から上り電車に乗って終点の播州赤穂駅で下車。食堂を探すが見当たらず、仕方なく駅前のコンビ二で弁当を買って駅の階段を登って行くと、なんと観光案内所の奥に食堂発見!なんだよ!!と落胆しながら再び赤穂線の下り線電車に乗りこんで遅い昼御飯に。そして、瀬戸内海を目の前に望む岡山県の日生駅に。

 頭島に行くには駅前からも船が出ているが、こちらは1日1便しかなく、メインの乗り場は、駅前の国道を右手に10分ほど歩いた港から出る。

駅前の船乗り場より街中の乗り場がメインと言う事は・・・、つまり列車との接続は考えていない。

港に着きキップを買い求めてると乗り場に係留してある予備船が待合室に成っているので、そちらで待ってほしいと言われた。船に乗りしばらく港の様子を眺めていると、頭島に行く船が入ってきた。

船は定時の15時に港を離れた。左側に座り、複雑に入り組んだ地形を眺めながら、本州それとも頭島から橋でつながっている鹿久井島だろうかと考えているうちに着いた。

Photo ひなせ

駅を出て、船乗り場の方向に歩いて行くと、山腹に「ひなせ」の文字があった。

日生は「にっせい?」それとも「ひなせ」と、チョット読み方に躊躇する地名だけに、赤穂線から見える位置に有るこの文字は印象的だと思う。

Photo_2 日生港

予備船が待合所になっていた。朝の快晴の天気はどこにやら。昼を過ぎると曇天の空に。

Photo_3

大生汽船

日生諸島内の唯一郵便局がある頭島に向かう船は1日8往復運航されている。

朝夕は1時間前後の間隔で出ているが、私が利用した15時発は、その前が12時発で一番時間があく便だったせいか利用客は多かった。

なお時刻表では、頭島に行く途中に鹿久居島に寄る事に成っていたが、立寄らず抜港になっていた。

|

« 天和駅 てんほ~う? いいえ、てんわ駅です | トップページ | 頭島郵便局 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天和駅 てんほ~う? いいえ、てんわ駅です | トップページ | 頭島郵便局 »