« 明日の行程を考えて、港近くのホテルに | トップページ | 渡名喜島に »

2009年5月31日 (日)

今日の夕食

私は「その土地に行ったら、その土地のモノを食べたい」と思っている。

部屋に入り、歩いて片道15分の牧志の公設市場の2階の食堂に行くか、ここのホテルの食堂に行くか部屋で悩んだ。多いに悩んだ。1時間以上悩んだ。

そして、往復30分歩くのはキツイな。部屋に来る時にエレベターで見た食堂の料理写真なかなかだったよなと自分を説得し、1階の食堂に7時過ぎに向かった。

Photo_4 ヒラヤチー

まずはビールのお供に軽く食べられる一品を

戦後米軍の小麦粉の配給で作ったのがもとだとか。お好み焼きのように厚みが無く、平焼きが沖縄の方言でヒラヤチーに。

一口食べて、ん~まい!

Photo_5 スクガラスドーフ

これも沖縄料理の定番料理。これを書くに当たって、資料を読み返すと、「唐辛子を添え、醤油を少し掛けて食べる」とあった。そうだったのか。そのまま食べてしまったが、なかなかいける味だった。

Photo_6 豚足の塩焼き

いよいよメイン料理。豚足の登場。これは塩焼きを頼んだ。みばなれも良くコラーゲンがとてもジューシー。さらに1杯200円ビール(発泡酒)は進んだ。

Photo_7 パパイアイリチー

豚足の後はラフテーを頼んだが、残念ながら品切れ。もっと早く来れば良かったと悔やむ。

変わりに頼んだが、これ「パパイアイリチー」。

これもまた箸が進んだ。

Photo_8 ポークたまごサンド

いくら大きな胃袋でも、これだけ食べれば腹一杯だ。しかし食いしん坊の目は食べたがっている。嫁さん連れてくればもう少し色々な沖縄料理を食べられたのに・・・。

後ろ髪引かれる思いで食堂を出て、近くのコンビ二に。ポーク(チューリップ)が入ったおにぎりを買ってホテルに。

Photo_9 ポーポー

ここまで来たら、デザートも沖縄料理でしめたい。そこで、コンビ二近くのスーパー でポーポーを購入。さすが4本全部は食べきれず家へのお土産に化けた。

|

« 明日の行程を考えて、港近くのホテルに | トップページ | 渡名喜島に »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日の行程を考えて、港近くのホテルに | トップページ | 渡名喜島に »