« 座間味、鯨の島 | トップページ | 座間味郵便局 »

2009年5月21日 (木)

座間味の風景

 内地の人間が想像する沖縄の集落の風景は、「赤瓦の平屋の民家、屋根にはシーサーが乗っていて」という光景を想像しがちだと思うが、この座間味では、そのような家は皆無で、集落の風景の写真を撮ろうとすると、必ずと言っていいほど鉄筋造りの民宿が入ってしまうほど、この島はマリンスポーツが盛んで、この島では民宿を営んでいない家は無いのでは無いかと思うほど多かった。

そのような集落の光景を眺めながら歩く私も、また観光客。

Photo_7 島の風景

港周辺しか歩いていないが、民宿やホテルそしてみやげ物店がほうぼうに 点在しており、ゾートの島だなと感じた。

Photo_8 沖縄の現状

離島は水の貯められる場所が限られているので、多くの島で水不足の問題を抱えている。そのため沖縄の鉄筋の家屋では、屋根に水槽を乗せているが目立つ。

それにしても1日14時間(19時から翌朝9時)までの断水はきついな。

Photo_10

座間味小・中学校

デイゴの木の間から、のぞいて緑の芝生が広がる校庭。

色のコントラストが良い感じで、つい見とれてしまいパチリ。

|

« 座間味、鯨の島 | トップページ | 座間味郵便局 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 座間味、鯨の島 | トップページ | 座間味郵便局 »