« 続々と増える貯金開始簡易局 | トップページ | 今後も簡易局の貯金扱い局は増えるのか? »

2009年5月 9日 (土)

続々と増える貯金開始簡易局 その2

次々に増えていく貯金扱いを開始する簡易郵便局。その増え方は尋常では無いな感じた。

バブルの頃も結構郵便局が増えた。その時は、昼間人口が増加している地域や都市周辺の住宅地が中心である程度範囲も狭まっているたので新規局も廻り易かった。そして局設置時期も、ボ-ナスシーズンを意識した6・11月開局が多かった。

しかし、今回は手ごわい。例えば一番東京から近い12月から扱いを始めた山梨県の成島簡易局。ここに行くには東名の東京インターから車で片道2時間半もかかる。そして、その1局のために高速代とガソリン代を何千円払うのも・・・。

でもこれは良いほうだ。貯金開始局を書き込んでいくと、もともと貯金非扱い局の少なかった北海道・沖縄を除く、全国各地ちらばっている事が判明し、どう廻っていくか頭が痛い。

それでは気を取り直して、2月以降の貯金扱いを開始した私にとっての未訪局を書いて行こうと思う。

2月

  • 上五明簡易郵便局(長野県)

    話題を呼んだ民営化後初のローソン分室が簡易局に。ここは分室時の時も訪ねていなかった。

  • 町北簡易郵便局(福島県)

   郵便扱い先行で12月に再開したが、23日から貯金扱いを開始。

  • 石屋簡易郵便局(富山県)

   ここも郵便扱い先行で再開し、25日から貯金扱い開始。

3月

  • 遊木簡易郵便局(三重県)

   この局は6月30日に郵便扱い先行後、半年以上たっての3月2日から貯金扱い開始。相変わらず三重県の紀伊半島部は増えているな。もう少し様子見しようかなと思った。

  • 赤田簡易郵便局(富山県)

  ここも相変わらず増えている地域。ただし今回は再開時に貯金扱いも同時スタート。

  • 下矢作簡易郵便局(岩手県)

   2月9日郵便扱い先行で再開し、3月2日から貯金扱い開始。未訪で残っている腹帯簡易(宮古市)・栗林簡易(簡易化で再訪対象・釜石市)と一緒に何時の日か行こうか。

  • 冠岳簡易郵便局(鹿児島県)

   2月25日郵便扱い先行で再開し、3月23日から貯金扱い開始。鹿児島本土は残り1局(久木野簡易局)残して、廻りきっているだけに痛い。

  • 新井郵便局新井長沢分室(新潟県)

  この局の設置を知ったのは、3月18日に新潟県完局して帰ってきた時。まさか新潟県で1週間後の25日に貯金扱い局が増えるなんて・・。

4月

  • 大野大橋簡易郵便局(福井県)

   2月2日郵便扱い先行で再開し、4月6日から貯金扱い開始。福井県にもかよ・・・。

  • 勝間簡易郵便局(山口県)

   4月6日再開時に郵便と貯金扱い同時スタート。え~山口県も・・・

  • 戸出五簡易郵便局(富山県)

   ここも4月6日。この局は郵政公社時代まで「戸出六簡易郵便局」として貯金扱いしていたが、うっかり落としてしまった1局。その後一時閉鎖に成り、今回局名を変更の上再開。

  • 穂波簡易郵便局(長野県)

   ここも郵便扱い先行で昨年11月11日に再開し、7日から貯金扱い開始。

  • 土器簡易郵便局(香川県)

   13日扱い開始。今月は今までこのような現象が無かった地域で貯金扱いが始まっている。香川県は昨年離島まで貯金扱い局を総て廻った場所。それだけに痛い。地図で調べると讃岐うどんの名店揃いの地域。しかしな簡易局1局と讃岐うどんの為に四国に行くには・・。

5月

  • 川辺上山田簡易郵便局(鹿児島県)

   1日に扱い開始。今月も鹿児島に・・。

この先の展開が怖くなった。

|

« 続々と増える貯金開始簡易局 | トップページ | 今後も簡易局の貯金扱い局は増えるのか? »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続々と増える貯金開始簡易局 | トップページ | 今後も簡易局の貯金扱い局は増えるのか? »