« ツーデーパス | トップページ | ツーデーパスを使うと・・ »

2009年6月14日 (日)

ツーデーパスは私にとってメリットが有るか

前回書いた「ツーデーパス」を使用して現地で駅レンタカーを借りて、北関東・山梨・長野・新潟・福島県あたりを、郵便局巡りに絞って2日間めい一杯廻ろうと思えば、80局程度は可能だから、1局当たり100円チョットのコストで廻る事が出来る。まあ、これにガソリン代や宿泊代を加算する必要が有るのだが、それでも1局当たり250円程度のコストで行ける。かなり安いと思う。

それでは、ここら辺の局をほぼ廻りきった私が、つい見落としてしまった局やその後に出来た郵便局廻りに活用出来ないだろうか。これが今回のテーマだ。

選んだ場所は、平成の初期にほぼ完局して、その後ほとんど廻っていない福島・山形県。

まずは未訪局を並べてみよう。

福島県

  1. いわき中央台局      いわき市
  2. 浮金簡易局        田村郡小野町
  3. 石上簡易局        相馬市
  4. 町北町簡易局      会津若松市
  5. 北海老簡易局      相馬郡鹿島町
  6. 渡瀬簡易局        東白川郡鮫川村
  7. 夫沢簡易局       双葉郡大熊町
  8. 大倉簡易局       相馬郡飯舘村
  9. 相馬玉野簡易局    相馬市
  10. 宮本簡易局       石川郡古殿町
  11. 西本簡易局       大沼郡会津高田町
  12. 昭和簡易局       大沼郡昭和村

山形県

  1. 飛島局         酒田市
  2. 八栄島局       東田川郡藤島町
  3. 寒河江島局      寒河江市
  4. 天童駅西局      天童市
  5. 霞城セントラル局   山形市

                   (町村名は平成の大合併以前のもの)

大まかに書くと、福島県は阿武隈山地から浜通りの簡易局が多い。一方山形県はすべて旧特定局。庄内の2局以外は新設局だ。

次回に続く・・・。

|

« ツーデーパス | トップページ | ツーデーパスを使うと・・ »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツーデーパス | トップページ | ツーデーパスを使うと・・ »