« さような~ら渡名喜島 | トップページ | ツーデーパスは私にとってメリットが有るか »

2009年6月13日 (土)

ツーデーパス

 あと1ヶ月チョットで夏休みか、早いな~。

まだ今年の夏休みは、どこに行くか決めていない。

それどころか、仕事が忙しすぎて、先を考えるより今日をいかに乗り越えていくか考えるだけでせい一杯の毎日だ。

その中、先日JR東日本から今月下旬から9月末にかけて発売するツーデーパスが発表になった。

料金は5,000円。乗れる範囲は山梨県を含む関東地方をひと回り大きくした感じで、鈍行や快速が二日間通し利用の乗り放題。上田電鉄など数社の私鉄にも乗車可能。

夏休み中は平日も使用出来て、なかなかの優れものだなと思った。

一見すると、全国鈍行乗り放題の「青春18きっぷ」に比べて範囲が極端に狭い上に一日当たり200円も高くて、どこが優れているんだ?と思われるかもしれない。しかし、青春18を使っていると、「このキップで追加料金払っていいから特急が乗れないかな~」思うことが度々ある、その願いがこのキップでは実現した。なんと、追加料金で、新幹線や在来線の特急が乗れるのだ。つまり、在来線の本数が極端に少ない上越国境越えや、在来線が廃止になった横軽間が、新幹線利用で迂回可能になり、行動範囲が素晴らしく広がる。

さらに見方を変えれば、このキップを使って新幹線を規定の二日間で往復した場合、東京発で那須塩原・上毛高原・軽井沢でトントン。さらに郡山や越後湯沢まで行くと、普通乗車券ではなく、このキップで往復すると差額で駅弁とビールが買えるなかなかの格安キップだ。

そして、ここが一番のこのキップの魅力だが、レンタカーがなんと1日2,000円で借りられる。驚くことに、例えば中央線の鈍行に乗って上諏訪まで行って、レンタカーを二日間借りて、信州を走り回り再び鈍行で戻ってくれば、なんと交通費は9,000円(ガソリン代・有料道路代等含まず)。凄いお得感の有るキップだ。

次回は、このキップが私の郵便局廻りに活用出来るかシュミレーションして見ようと思う。

|

« さような~ら渡名喜島 | トップページ | ツーデーパスは私にとってメリットが有るか »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さような~ら渡名喜島 | トップページ | ツーデーパスは私にとってメリットが有るか »