« 今日の夕食 | トップページ | 渡名喜郵便局 »

2009年6月 2日 (火)

渡名喜島に

暦は6月に入ったが、こちらは4月22日の話を書いていきたいと思う。

この日は6時過ぎに起きて部屋の小さな窓から外を見ると、今にも泣き出しそうな生憎の天気。以前からそうだが、どうも沖縄とは天気の相性が会わず、沖縄らしい青い空まぶしい太陽という日にはなかなかめぐり合えない。季節は今おだやかで観光日和が続く「うりずん」のはずだが、2日間とも曇天とは・・。

ホテルで朝食をすまし目と鼻の先の泊港に向かう。渡名喜島までの往復のチケットを購入し、売り場を離れると男性が近寄ってきた。私とは、一番縁遠い世界のマリンスポーツの客引きかと?身構えると、なんと「久米島には芋類を持ち込まないで下さい」と、パンフレットが入ったポケットティシュを渡された。そして今度は女性。同じようにポケットティシュを渡された。中を見ると「沖縄植物防疫事務所」とあった。まさに水際作戦だなと思った。

渡名喜経由で久米島に向かう久米商船もドックダイヤで、通常2隻運航が4月14日から30日まで1隻運航になっていた。そしてラッキーの事が・・・。

渡名喜島に立寄る船は通常期は午前中1往復のみの下記のダイヤで運航している。

  • 泊港      渡名喜島       久米島     渡名喜島         泊港
  •                         8:30     10:00/10:15    12:30
  • 8:30 10:45/11:00  12:30/14:00     →          17:15
  • 14:00   →         17:15    

* 4月1日から10月31日の金曜日の久米島発の午後便も寄港

* 月曜日は午後便運休

ダイヤを見て判るように渡名喜に行こうと思うと、久米島から出て渡名喜で下船し、泊港から来た船に乗って帰るのが一番効率良い。しかし、久米島の局を廻り切っている私にとって、沖縄本土から久米島間の交通費は痛い。

しかし、ドック入り期間中は1隻運行で、行きは通常通り午前便で渡名喜に寄港し、午後便も曜日に関係なく寄港する泊港(沖縄本土)から日帰りが可能なラッキーダイヤで運航される。

この日程を選んだのは、勿論サラリーマンゆえ仕事優先で空いている日程で組んだもので、このダイヤの事は知らなかった。そして行程を組んでいくうち、この運航を知って偶然を喜んだ。

Photo_2 ニューくめしま

1隻運航のせいか席は結構埋まっていた。

出航前の小雨まじりの那覇港にて、

|

« 今日の夕食 | トップページ | 渡名喜郵便局 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の夕食 | トップページ | 渡名喜郵便局 »