« 財務局のページをのぞくと・・・ | トップページ | 短命な分室 »

2009年7月24日 (金)

変だぞ!東大芦簡易局

 前回にあげた6月に銀行代理業者として許可を受けた簡易局の中から、気になる局をいくつかピックアップしようと思う。

まずは栃木県鹿沼市の東大芦簡易局から。

私にとって、この局は平成2年10月19日に粟野町の中粟野簡易局からスタートし、鹿沼市から日光市などを経由して、金精峠を越えて群馬県利根村の利根大原簡易局まで1日がかりで33局廻った時に訪ねていた1局だ。

以前から貯金扱いをおこなっていたこの局がなぜか、先月の23日に郵便局銀行代理業者として許可を受けている。

と言うことは、過去に一時閉鎖等に成り貯金業務を廃止し、今回新たに許可を受けたと言うことだろうか?

まずは郵便局のホームページの「開局情報ー郵便局」で、東大芦簡易局の動向(一時閉鎖・再開)を調べてみたが載っていなかった。

更に、「郵便局をさがす」のページから当たってみたが、それらしい痕跡は無い。

それじゃ別の方法で調べてみようと、「郵便局の出張サービス」のページを見たが、この局名はどこにも出ていない。

郵便局のページで捕まらないなら、YAHOOやGoogleで、「東大芦 一時閉鎖」などのキーワードを入れて検索。しかし、そこでもて何も引っかからなかった。

突き当たってしまった。後は探す方法は思いつかない。

万事休す。

それから、2、3日後ふと、まだ謎を解く方法は有ったと思い出した。

金融庁のページだ。

つまり、平成19年10月1日に郵便局が民営化がスタートした時に、銀行業務を行なう簡易郵便局は、すべて金融庁のページに載った。

その時この局は載っていたのだろうか。ここから答えを見つけ出せるかもしれないと思い、丹念に調べると有った!

しかし、よくよく見ると銀行代理業者名に載っている個人名が、苗字は同じなのだが名前が違う。

そう言う事か・・・。

答えが見えてきた。

つまり、民営化発足時に許可を受けた人間が、なんらかの理由で簡易郵便局の銀行業務をする事が出来なくなり、家族もしくは苗字が同じの親せきが郵便局を引き継いだ。

今回はそれによる許可のようだ。

しかし、簡易郵便局の銀行業務は、家族や子供などに継承出来ないとは・・・。この事情を理解するには約款等を読む必要が有るが・・・。

それに、金融庁のページには許可の項目は有っても、許可取り消しの項目は無いので、ひとつの局が2回も銀行業の許可を受けるという摩訶不思議な事に成っている。

今後は、貯金開始局を見つけた場合、この局は以前行った事が有るのか、未訪局なのか、そして、許可の受けた人間が変わった為の許可なのか、ふるいにかけて行かなければならない。大変だ~な。この確認作業。

|

« 財務局のページをのぞくと・・・ | トップページ | 短命な分室 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。
日々興味深く読ませていただいております。
銀行代理業の許可の失効についてですが、官報に金融庁告示として掲載されます。
私が把握している限りでは、株式会社ゆうちょ銀行関連で、これまで6回載っています。

「銀行代理業者に係る銀行代理業の許可がその効力を失った件」
平成20年1月31日 金融庁告示第8号
平成20年4月30日 金融庁告示第34号
平成20年8月6日 金融庁告示第54号
平成20年10月31日 金融庁告示第65号
平成21年1月30日 金融庁告示第3号
平成21年5月8日 金融庁告示第24号

ただ、銀行代理業者名(個人又は法人名)と、主たる営業所又は事業所の所在地の記載であり、簡易郵便局名がないため、やや利用し難いです。

投稿: 篠原和宏 | 2009年7月25日 (土) 11時37分

いつも見ていただき有難うございます。
又ご指摘頂き助かります。

銀行業の失効は官報に告示されていたんですか。
郵便局の動きが官報に出なくなって以来、すっかり見なくなっていたので気が付きませんでした。

今後もお気づきの事が有りましたら、どうぞご指摘いただけるようお願いします。

投稿: 貯金郵太郎(管理人) | 2009年7月25日 (土) 12時37分

先日訪問した際に、局舎内に民営化後の認可番号が掲出
していたので、この記事を知らずに尋ねました。
一時閉鎖したんですか?と確認したところ、翌日から今の
受託者に変わったため閉鎖はしていないとの事でした。
受託者変更前から補助者として勤務していたのかもしれま
せん。
昭和61年に特定局から格下げとの事ですが、局舎内公衆
室に不自然なスペースがあり、あの時代だとCDがあった
んでしょうか? 単なる物置かもしれませんが。

投稿: 太田マン | 2013年2月14日 (木) 21時23分

コメントを頂き有難うございます。

いや、3年以上前の記事にコメントを頂けるとはびっくりです。

建物の記憶は残念ながら無いのですが、特定局時代の局所所コードは07184に成ります。


投稿: 貯金郵太郎 | 2013年2月15日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 財務局のページをのぞくと・・・ | トップページ | 短命な分室 »