« 古川数河簡易局 | トップページ | いわき中央台郵便局 »

2009年8月 9日 (日)

さ~あ 南東北を目指すぞ!

今日から8月6~7日に行った南東北(福島・宮城・山形)の訪局記を書いていきたいと思う。まずは6月も一部書いたが、福島・宮城・山形各県の私が訪ねていない局をリストアップする事から始めよう。

福島県

  1. いわき中央台局      いわき市
  2. 浮金簡易局        田村郡小野町
  3. 石上簡易局        相馬市
  4. 町北町簡易局      会津若松市
  5. 北海老簡易局      相馬郡鹿島町
  6. 渡瀬簡易局        東白川郡鮫川村
  7. 夫沢簡易局       双葉郡大熊町
  8. 大倉簡易局       相馬郡飯舘村
  9. 相馬玉野簡易局    相馬市
  10. 宮本簡易局       石川郡古殿町
  11. 西本簡易局       大沼郡会津高田町
  12. 昭和簡易局       大沼郡昭和村

宮城県

  1. 岩沼土ヶ崎局      岩沼市
  2. 菅生簡易局       柴田郡村田町
  3. 赤井畑簡易局     白石市
  4. 富野簡易局       栗原市
  5. 網地島局        牡鹿郡牡鹿町
  6. 田代島簡易局     石巻市
  7. 島簡易局      牡鹿郡女川町 
  8. 江島簡易局      牡鹿郡女川町    

山形県

  1. 飛島局         酒田市
  2. 八栄島局       東田川郡藤島町
  3. 寒河江島局      寒河江市
  4. 天童駅西局      天童市
  5. 霞城セントラル局   山形市
  6. 小岩沢簡易局     南陽市

            (場所を判り易くする為に町村名は平成の大合併以前のもの)

大まかに書くと、福島県は阿武隈山地から浜通りの簡易局が多い。宮城県は離島部、県南、県北と分かれている。そして山形県は庄内の2局以外は新設局だ。

2日目は夏場しか日帰りが出来なくなってしまった飛島を絡ました山形県で決定だ。問題は初日。ETC1,000円を活用して、新潟県に先月貯金扱いを開始した五泉市の巣本簡易局スタートし、会津・阿武隈山地を廻る磐越道活用ルートも考えたが、今一つピンとこなかった。色々とルートを組んで試行錯誤の末、いわき中央台から始めて、浜通りを北上し宮城県3局を廻る案で行く事にした。

|

« 古川数河簡易局 | トップページ | いわき中央台郵便局 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古川数河簡易局 | トップページ | いわき中央台郵便局 »