« いわき中央台郵便局 | トップページ | 北海老簡易局 »

2009年8月13日 (木)

夫沢簡易局

いわき中央台局を出て、次は大熊町の夫沢簡易局。距離は40キロ以上離れているので、いわき中央インターから富岡インターまで常磐道を利用した。

いつもそうだが、効率よく廻る為には、事前に局の場所を調べて訪局順番を決め、徹底的に地図を読み込み、頭に叩き込んで行く。

例えばこの局の場合だと、

高速を降りたら左に進み真っ直ぐ進み国道6号線に出る。出たら左、暫らく走り左右に農協が有って、その先にセブンイレブン。その次の信号を右。

と、まあそんな具合だ。

知らない、あるいは殆んど通った事の無い道の景色が、想像していた通りに展開していくと、思わずニヤケテしまう。「やったね!」と感動してしまう。

今回は、その先が難しかった。

地図をみると、東電の福島第一原発を目指していき、その手前を右。しかし、この右折する道が発電所構内とも取れる細く頼りない道。果たして、この道沿いで良いのだろうか。不安に成った。しかし、インターネットで色々な地図を検索したが、いずれもその頼りない道を指していた。

そして最後の手段。インターネットで航空写真を見て見る。便利な世の中に成ったものだと、感心しながら写真を明細にチャック。やはり地図どおりの場所だった。

そうか。ここで良いのか。半信半疑の気持ちで発電所の手前を右に曲がった。発電所関連企業の会社が立ち並ぶ道を走って行くと、左手にコンビ二に併設された郵便局が有った。

そして、地図は信じるものだと改めて思った。

Photo_3 夫沢簡易郵便局 82784

民営化に伴い平成19年10月1日に貯金扱いを一旦廃止したのち、翌春の平成20年4月28日に再び貯金扱い開始という、ちょっと複雑な経歴を持つ簡易局。

8月6日10時3分訪局。家より291.2km

|

« いわき中央台郵便局 | トップページ | 北海老簡易局 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いわき中央台郵便局 | トップページ | 北海老簡易局 »