« 隠岐・島根の訪局記の終わりに | トップページ | 今度は「青春エコドリーム」で出発 »

2009年12月 1日 (火)

次はどこに行こうか

 島根から帰って来て1ヵ月ほど立つと再び郵便局に行きたく成ってきた。日にちを調整してみると、10月7日ならなんとか行けそうな気配だ。

さ~あどこに行こうか。

最初に思い立ったのが茨城・福島県。茨城の小場簡易局からスタートさせ茨城県の未訪3局を片付けた後、福島県に入り阿武隈山地そして会津地方に残る未訪局を片付け行き、最後に昭和簡易局で、両県を完局させようというルートだった。しかしルート上の郵便局をチェックして行くと、なんと三春町の浮金簡易局が今春一時閉鎖に成っていた。さらに福島県金山町の本名簡易局が貯金扱いは開始してないが郵便扱いのみで再開。どうやらもう少し様子を見たほうが良い気配だ。

ここがダメなら東京から車で日帰り可能な局はと・・。探してみるが10局前後廻れそうなルートは浮んでこなかった。

仕方ない。もう少し範囲を広げて探してみるかと夜行バス利用案で当たってみた。

まずは北陸だ。富山県の以前貯金を扱っていなかった簡易局も、ここ最近急速に貯金扱いを開始しだして今だに貯金を扱っていない局はほとんど無くなって来ている。それに石川県の能登島に有る、だいぶ前に簡易局に降格になって局所コードが変わった東島簡易局と、10月に貯金扱いを開始したばかりの武生市内の簡易局を足すのはどうだろうと思った。しかし今一つ気乗りがしなかった。

それでは、紀ノ川沿いに残る和歌山県・奈良県を中心廻るのはどうだろう。距離こそ出るがなかなか良さそうだ。ここにしようと決まった。

しかし、ここで思いもしない障害が・・・。

なんと、近年稀に見る超大型台風が接近し、7日には西日本のどこかに上陸しそうな気配。山間部が多いルートだけに断念するしかなかった。そして夜行バスも運休になった。

その結果、都合のつく日を選び直し、10月19日で実施するに事にした。

|

« 隠岐・島根の訪局記の終わりに | トップページ | 今度は「青春エコドリーム」で出発 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 隠岐・島根の訪局記の終わりに | トップページ | 今度は「青春エコドリーム」で出発 »