« 今度は「青春エコドリーム」で出発 | トップページ | 格安レンタカー »

2009年12月 3日 (木)

関東人から見た南海電車

 バスが着いた湊町から地下街を少し迷いながら歩いて南海電車の難波駅に移動。

地下から延びる長いエレベターの乗り、改札を通ってホームに入ると、一直線に並ぶ見渡す限りのホームの数。この光景を見て関西に来たなと、あらためて思った。

そして、右端の線路に停まっている南海本線の普通列車に乗り込んだ。

先頭車まで歩いて行き、運転席近くの座席に座り発車時刻を待つ。

やがて列車は、ゆっくりホームを離れ高野線との併走区間を進み天下茶屋駅を過ぎると今度は本線が複々線になって行く。面白い配線だなと眺める。やがて大和川の鉄橋を渡り列車は地上区間に。線路際の広さに関東私鉄との違いを感じていると、高架工事区間に差し掛かる。工事中にも拘らずここでも土地は充分に確保して有る。東急の用地の少なさに四苦八苦しながら進めていた複々線工事を見ているものとっては驚きの一言に尽きる。

そんな興味深い光景を夢中に成って見ていたら、レンタカー店の最寄り駅の和泉大宮駅まではあっという間だった。

06 はるか向こうまでホームが・・・

この光景を見て、関西に今来ているんだなと改めて思ってしまった。はるか向こうの高野線のホームには昨年まで東横線を走っていた車と瓜二つの車が到着して、懐かしさが・・・。

04 もうすぐ40歳

関西の電車は私鉄・JR共に長~く使われる。

この7000系について調べてみると、デビューが昭和38年で、この写真に写っている車は昭和42年製。関東の私鉄車両と比較してみると、例えば同期の京王5000系は1980年代後半には、早々と6000系に置き換えてリタイヤ。その6000系も今代替の時期を迎え、残り数本の風前の灯。

07 謎だった2扉車

行く前に南海のホームページで予習をしていくと、2扉車の表記が有る普通列車が有った。2扉車って何だ。最近南海では、そんな車入れていないはずだし・・。

興味津々で対面。

高野線から廻ってきた車だった。大手私鉄では車両は大型化されていく方向に有るのに、他線から中型車を廻して、大型車を廃車するなんて・・・。

|

« 今度は「青春エコドリーム」で出発 | トップページ | 格安レンタカー »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今度は「青春エコドリーム」で出発 | トップページ | 格安レンタカー »