« 壱岐に向かって | トップページ | 壱岐の朝 »

2010年1月22日 (金)

壱岐の夜

ホテルの部屋に荷物を置き、遅い夕食に向い、こじんまりした居酒屋に入った。

暖簾をくぐって、その店に入ると・・・、

年配の女将さんが、「あん!」

なんなんだ、この店は・・・。店選びを間違えたか・・・。

よくよく店内を見渡すと、白黒テレビに映った青江 三奈に合わせて歌っていた。驚いたな。

そして、チャンポンを注文し、あらためて店内を見渡すと、カウンターの隅で、初老の男性が先ほどから流れている懐メロ番組を遠くを見る目で眺めていた。

その様子を見て、ふと、「なんか良いなこの雰囲気」と思った。

まるで、映画の「駅 STATION」で「舟唄」が流れているシーンを見ているようだった。

あさっては大晦日。あらためて感じた夜だった。

|

« 壱岐に向かって | トップページ | 壱岐の朝 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 壱岐に向かって | トップページ | 壱岐の朝 »