« 西原南簡易局 | トップページ | 湯島の点景 »

2010年2月28日 (日)

湯島を目指す

今回の鹿児島本線に沿って廻る中九州訪局は3つの目的が有った。

まずは福岡県で落としていた東山簡易局と、20年近く前に廻った熊本県の局の内、簡易局に降格に成った局の再訪局4局の計5局を訪ねること。

二つ目が、天草周辺の離島3島に有る5つの郵便局を廻ること。

そして、鹿児島県薩摩地方に最近新たに貯金扱いを開始した5つの簡易局に行くこと。

の三つのテーマがあった。そのうち最初の課題は西原簡易局を訪局して達成。続いて、2番目の課題として、今日最後の局として湯島を、これから目指していく。

阿蘇山のふもとの西原南簡易局から、湯島行きの船が出る天草の江樋戸港までは、九州道利用も考えていたが、時間に余裕が有ったので、一般道で移動し出航45分前の14時15分に到着。近くのスーパーで弁当を買って遅い昼食をとって船に乗り込んだ。

91 

湯島行きの船

離島行きの船は、普段は「社団法人 日本旅客船協会」のホームページから「日本の旅客船」のページを開いて調べている。しかし、この航路は、そのホームページには出ていなかった。

そこで、上天草市立湯島小学校のホームページに出ている船の時間を参考にした。

314 

江樋戸港

船乗り場は簡単なプレハブの待合室が有った。その奥には無料の駐車場が有り、そこに車を停めて島に向かった。

313 

船の時刻表

光の加減で、変な写真に成ってしまったが、船は一日5往復運航している。そのうち郵便局目的に利用しようとすると、3便の江樋戸の13時15分発だと、島の滞在時間わずか20分でタイトだ。そこでロス無く行こうと思うと4便の15時に便になってくる。

以前は島原半島や三角からの航路も有ったようだが、今はこの航路のみ。

315 

江樋戸郵便局

港のすぐ近くに有る郵便局。カウンターに立つと、正面の窓越しに有明海を望む事が出来る。この局はもちろん訪局済みなので、今回は訪ねていない。

カーナビに江樋戸港が出てこない場合は、この局を目的に設定するのも一つの方法だと思う。

|

« 西原南簡易局 | トップページ | 湯島の点景 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西原南簡易局 | トップページ | 湯島の点景 »