« 夕暮れの水俣港で | トップページ | もう一度トカラを検討してみよう »

2010年3月28日 (日)

つめが甘いな~

 九州訪局を終えて、これで未訪局は15局消えて残りは225局とニンマリ。

しかし、訪ねた局のすぐそばに新たに貯金を開始する局が続々と誕生してアタフタ。

  • 東山簡易局(福岡県)の近くには 下百町 「1月25日貯金扱い開始」
  • 久木野簡易局(鹿児島県)の近くには内布「2月26日再開・貯金扱い開始」

そうなると、完局宣言した熊本県は本当に貯金を取り扱っている全部の郵便局は行っているのだろうかと不安に成ってきた。そこで、日本郵政のホームページ内に有る「郵便局・ATMをさがす」のページ内に有る取扱い番号をさがすの項目に、自分の行っていない熊本県内の郵便局の取扱い番号を入れていった。大半が廃局か一時閉鎖。もしくは営業していても貯金を扱っていない局だった。大丈夫そうだなと安心した途端とんでもない事が起きた。71710と打ち込むと、なんと行っていない、玉名市に有る月瀬簡易局が貯金取扱い局に成っている。この局から3km程のところには、こないだ行った玉名三ツ川簡易局が・・・。やってられないな。

こうなると、自分が思っている貯金非扱い局を洗いなおすしかない。1000局以上有るが面倒がらずにやるか・・。そう思って1週間。洗い直し作業完了。

その結果。自分が貯金を取り扱っていないと思っていた局が、実は貯金を取り扱っていた局が続々と・・。未訪局は245局になった。

ショック。というより自分のつめの甘さに改めて呆れた。

その多くは北近畿。

例えば、

  • 舞鶴大波簡易局(京都府舞鶴市)
  • 雀部簡易局(京都府福知山市)
  • 八代簡易局(兵庫県豊岡市)
  • 広野簡易局(岡山県津山市) など

そして、完局を目指す道の厳しさを知った。

|

« 夕暮れの水俣港で | トップページ | もう一度トカラを検討してみよう »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕暮れの水俣港で | トップページ | もう一度トカラを検討してみよう »