« 母島の宿 | トップページ | お盆休み »

2012年7月27日 (金)

小笠原の帰り道

ゴールデンウイーク後半の滞在客を乗せ、5月1日に竹芝出港した「おがさわら丸」の乗船客数は意外と少なく389人と、母島のスピーカーから流れた。

乗船客数は普段とほとんど同じで、その少なさに驚いた。

そして、母島から父島に戻るために乗った「ははじま丸」に乗船。乗船客は少なくガラガラだった。曇天の空を進み父島の湾内に入ると、時化で遅れていた「おがさわら丸」が島陰から現れ、ははじま丸の後ろに付き1時間遅れで入港した。

到着が遅れたことで、「おがさわら丸」の出航は1時間遅れの15時になった。

船内に入ると、乗船客数は行きの半分チョットの500名弱と言う事で空いていたが、天気が悪くデッキに出る事が出来ず船内をウロチョロしながら過ごした。

そして、翌日(5月3日)の午後、船は東京湾に入り、房総半島や横須賀が見え始めると、六日ぶりに見る本土の景色に懐かしさを覚えたながら、少しさびしさも感じた。

|

« 母島の宿 | トップページ | お盆休み »

いつかは小笠原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母島の宿 | トップページ | お盆休み »