« 平成25年3月 | トップページ | 出発! »

2013年4月 6日 (土)

平成25事業年度 事業計画

3月末に日本郵便株式会社の第七期事業計画が発表された。

私としては、平成25年度の郵便局の動向を知る上で、重要な資料となるので、ワクワクドキドキしながら読み進んだのだが…。

抽象的な文章が多く、残念ながら具体的に踏み込んだ内容は少なかった。

郵便局の新設について、

具体的な局数の記載は無かった。

「お客様の増加が見込まれる地域等については、店舗の出店に向けた取組を進めます。」と有るので、昨春新設された富谷明石台郵便局やイオンモール福津郵便局みたいな形態の郵便局を目指しているのだろうか。

郵便局の廃止等について

「店舗配置の見直しを行います。」との記載。これは、お盆過ぎから秋にかけて、設置が予定されている飯田橋東口郵便局の事を指しているのだろうか。飯田橋駅周辺は、駅から九段下駅とトーハン周辺に集中している感じがする。それで、適正配置として、厚生年金病院の手前の大久保通り沿いの駅前に、いずれかの郵便局を移転させるのではないだろうか。

郵便局の設置について

一時閉鎖局の早期再開が書かれている半面、一時閉鎖が長期化している簡易局については、遠回しな表現を使いつつ廃止も検討しているように読み取れた。

隔日営業

昨年、新聞報道もされた話題だが、郵便局の廃止等についての項目内で、「運営形態の見直しを行います。」と記載が有った。ただ今年から実施かどうかには書かれていない。

読み終わったて思ったことは、郵便局ファンを増やして頂けるような取り組みを、考えてくれたら有り難いのだが…。

|

« 平成25年3月 | トップページ | 出発! »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成25年3月 | トップページ | 出発! »