« 入札 | トップページ | 温暖化と郵便局 »

2013年11月20日 (水)

直営の郵便局再編

11月3日の日経新聞に「郵政 直営郵便局再編」の記事が載っていた。

この記事を見て驚いたのは、今年の日本郵便(株)の事業計画には、開廃局の局名どころか数さえ記載されいなかったのに、具体的に廃止局のリストが発表されていることだ。

来年3月までに12局の局の廃止が予定されているが、局名のリストを見ると、バブル期に開局した局や繁華街の一等地に立つ局が多く、テナント料が高そうだなと思った。

また、記事が載ったのは連休の日曜日で、他の新聞やテレビ報道は、この記事に追随していない。日本郵便の発表を受けてという感じではない。

つまり、前から取材を重ねて温めていた記事で、タイミングを見計らって載せたのかなと感じがした。

私としては、廃止に成る直営局は当然行っている局なので影響はない。心配のなのは簡易局に切り替えに成る局だ。こちらは局所コード(店舗番号)が変わるので、私的には訪局対象。このような局が全国に散らばって出来たら廻るのは大変だなと思った。

|

« 入札 | トップページ | 温暖化と郵便局 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入札 | トップページ | 温暖化と郵便局 »