« 平成25年 年の瀬を迎えて | トップページ | 今年最初の訪問局 »

2014年1月 1日 (水)

今年は・・・

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしく御願い申し上げます。

今日は、元日と言う事で、今年の郵便貯金取扱局の動向を探ってみようと思います。

今年予想される新局

大阪市茨木市 彩都西駅周辺

静岡県浜松市

名古屋市守山区吉根地区

三重県伊勢市御薗町長根地区

昨年(平成25年)は新局は3局で例年無い新局数でしたが、今年は昨年をさらに上回りそうです。公募が出た地域だけでも上記の4ヶ所有ります。

分室はどうなる

分室は廃止、統合で減らしていく方針と思っていたのですが、昨年末に大阪国際空港内分室では貯金扱いは廃止するものの親局変更が発表され、原則廃止の方向なのか縮小維持なのか読めなく成ってしまいました。

また分室において気に成るのが沖縄県に1局、鹿児島県に2局有る離島分室。その鹿児島県の2局が有る三島村では平成24年11月5日から簡易局移行する予定でしたが、委託を予定していた三島村との折り合いがつかず実施が延期に成っています。そこの動きも気に成るところです。

簡易局の新たな貯金扱い開始

郵便局扱い先行で再開した簡易局のうち、いくつかの局では貯金扱いを視野に入れているとの発言が有りましたが、それらのほとんどの局では再開から1年前後立つのですが、貯金扱いが始まっていません。

また、営業を再開した局の中には、数年の内に再び閉鎖に成る局も有り、簡易局の運営の難しさを感じさせます。

直営局から簡易局への降格

これも気に成るところです。ただ、残念ながら具体的に見えて来ていません。

最後に今年の動きをまとめると、株式上場に向けて、発展と整理の相反する二つの方向で進んで行くのでは無いかと思います。

|

« 平成25年 年の瀬を迎えて | トップページ | 今年最初の訪問局 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。明けましておめでとうございます。
空港内郵便局は昨年だと新千歳空港内局が局種変更で千歳郵便局の分室に降格?したため、郵便専業局となりましたね。成田空港は2つの分室を廃止。やはり空港内局は利用者が少なかったのではないかと。

今年の3月には大規模な郵便局数の整理が行われる予定で、東京都心部の局も例外ではなく、続々と統廃合が進むことは確実でしょうね。

その反面、昨年ですと八潮駅前局が新規開局しましたね。私も行ったことが有りますが再開発事業が進んでいるのでそれを見込んでんのようです。

特に貯金扱いができる局が少なくなってしまうと、旅行貯金をしている者としてはなんだか淋しいですね。


これからも旅行貯金者として仲良くしていただけるとありがたいです。

投稿: 下総街道 | 2014年1月 2日 (木) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成25年 年の瀬を迎えて | トップページ | 今年最初の訪問局 »