« 平成26年8月 | トップページ | 平成26年9月 »

2014年8月30日 (土)

久著呂簡易郵便局

8月8日に道東の標茶町内に有る久著路郵便局が、来月の9月29日に簡易局に局種変更に成ると発表が有った。

9月29日?

ラッキー!!と思った。

ラッキーと思ったのは、昨年の暮れに50歳を迎えた私は、いよいよJR東日本の「大人の休日倶楽部パス」が使える歳に成った。

そして、今年2回目の利用期間が9月25日から10月7日。

ぐっとタイミング。

JR 東日本とJR北海道が5日間乗り放題で、25,000円。

JR利用で、東京から釧路間が特急料金を含んで片道26,530円、大手航空会社の早割で往復30,000円から考えるとかなりお得だ。

さっそく時刻表をめくった。

会社を少し早めに抜け出して、東京駅を18時26分に出る北に向かう「はやぶさ31号」に乗って新青森駅に。その後は夜行急行「はまなす」、「あおぞら1号」と乗り継いで、釧路11時1分着。そこからレンタカーで局まで約45分か・・。

その後は、釧網線のノロッコ号も良いな。

あ!サロマ湖のサンゴソウって間に合うかな。

そうそう!北海道なら紅葉が始まっているよね。

列車から見るのも素敵かも・・・。なら石北線か。

そんなふうに夢は無限に広がっていった。

カレンダーを見ながら日取りを考えていると、日が取れない・・・。

俺この時期、仕事が忙しかった事をすっかり忘れていた。

そして、白昼夢はあっけ無くしぼんだ。

まあ、現実的には今年の2月から始まっている一時閉鎖中の珸瑤瑁郵便局の車両型(ポスクル)の利用期限が、新局舎開局までに成っているので、万が一簡易局で再開の場合は久著呂簡易郵便局との抱き合わせも視野に入れないと思っている。

したがって、久著呂簡易郵便局は珸瑤瑁郵便局の動向待ちの状況。

9月14日追記

日本郵便のホームページに有る開局情報を元に上記の文章を書いたのですが、間違いが有りましたので修正いたします。

開局情報によると、9月29日移転・業務変更・局種変更:久著呂郵便局、9月26日廃止:下久著路簡易郵便局と記載されていました。

その文章を読んで、下久著路簡易郵便局は廃止、久著呂郵便局は局種変更との事でしたので、てっきり久著呂簡易郵便局には新たな取扱店番号が振られると思っていました。

しかし、8月28日付の日本郵便株式会社法第6条第2項の規定による変更届出分を見ると、新たに設置する久著路簡易郵便局の整理番号(取扱店番号)は、廃止に成った下久著路簡易郵便局を引き継ぐ事が判りました。

つまり、下久著路簡易郵便局は廃止に成りますが、取扱店番号は久著路簡易郵便局が引き継ぎます。この場合、私のマイルールでは、名称や所在地が変わっても整理番号(取扱店番号)が変わらない場合は同一局と見なす事にしていますので、今回の場合は訪局対象に成りません。

|

« 平成26年8月 | トップページ | 平成26年9月 »

旅行貯金の日々」カテゴリの記事

コメント

下久著路簡易郵便局が廃止で、久著呂郵便局が種別変更に間違えはありませんが、局所コードが同じなのは金融庁対策でそうせざるおえなかったようです。別にすると最初から手続きで1年ぐらい一時閉鎖しないといけないのと申請料がかかるため。 下久著路簡易郵便局の受託者が久著呂郵便局を引き継ぎ久著呂簡易郵便局として再スタート
します。久著呂郵便局は集配局なのに無集配を経ずに簡易局格下げとはかなりの過疎化が進んだと思われます。

投稿: 集配君 | 2014年9月19日 (金) 08時03分

管理人です。
そういう理由だったのですか。
知らなかったです。

今春に新都田郵便局が開局した時に、浜松市内の局が廃局に成りました。翌月の新潟でも同じ事例が有りました。直営局は局所コードを引き継がないが、簡易局は引き継ぐと言う事に成りそうですね。金融庁では直営局と簡易局の取り扱いが違いますからね。

もう少し話を広げて考えて見ますと、株式上場まで半年と言う時間を考えた場合、直営局が簡易局に成って、新しい局所コードを付けた場合は上場までに間に合わないが、廃止に成った簡易局の局番を流用すれば時間的に間に合うと言う事に成りますね。となると、今月、長い事一時閉鎖だった局が廃止に成った香川県で怪しい動きが有るかもしれませんね。


投稿: 管理人 | 2014年9月20日 (土) 01時49分

今回は郵政の都合で受託者にある意味異動を伴ってもらたので、個人負担になる申請料や空白の期間手数料が入らなくなるのでだと思います。かなりイレギュラーかと。
また、浜松や新潟の新局は移転扱いにすれば国庫金が取り扱いができるのにこちらは移転扱いにせず、純粋に新局の為、国庫金は取り次ぎ扱いになっています。

投稿: 集配君 | 2014年10月 4日 (土) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成26年8月 | トップページ | 平成26年9月 »