« 近鉄三昧の午後 | トップページ | 伊賀鉄道 »

2015年4月24日 (金)

近鉄そして信楽鉄道に

いいよ最終日(3月29日)。

今日も近鉄奈良駅からスタートし、まずは西大寺駅に出て、そこから京都線に乗り換えて京都駅に向かう。次に東海道・草津線経由で貴生川に行き、信楽高原鐡道に乗り、再び草津線に乗って、柘植駅で乗り換え伊賀上野駅に。さらに、伊賀鉄道で伊賀神戸駅に出て、近鉄の最後の未乗区間の中川短路線と鈴鹿線を乗って名古屋駅に。そして東海道線の鈍行を乗り継いで東京に帰ってくる行程。

乗車時間・距離は、昨日に比べて、最後の東海道線の部分が加わるので、今日の方が長い。

321近鉄奈良駅

昨晩も奈良駅前のビジネスホテルに宿泊。ホテルでは朝7時から無料朝食のサービスが有ったのだが、いくら駅前と言っても、7時12分発の快速急行に乗るには、食べる時間は無かった。

昨日は素晴らしい夕焼け空だったのだが、今日は朝から雨。傘を持ち合わせていない私は、困った一日に成りそうな予感。

969信楽鐡道

第三セクターに成って、初めて乗る旧国鉄信楽線。

路線の特徴と言えば、草津線との接続駅の貴生川駅を出ると、次の駅(紫香楽宮跡駅)まで、9.6km、所要時間15分間、駅が無い事だ。

貴生川の駅周辺を過ぎて、土手を登り始めると集落どころか人家も無くなり、国道に沿いながら山の中を走って行った。

本州内で、始発駅の次の駅まで、これだけ離れているのは珍しい。

975マイキー・トレイン

滋賀県信楽にある陶芸の森で開催されている「リサ・ラーソン展」に合わせて、ラピング列車が運行されていた。

車内には、天井と床以外は猫がいたるところにラッピングされ、大雑把に計算して、その数は1,000匹以上の物凄い数のネコたちが乗車していた。

979

1003

 

|

« 近鉄三昧の午後 | トップページ | 伊賀鉄道 »

春の郵便局廻りと近鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近鉄三昧の午後 | トップページ | 伊賀鉄道 »