« やきとり弁当 | トップページ | 青森ねぶた »

2015年9月 3日 (木)

木古内線

話は戻って、ハセガワストアーに立ち寄った後、レンタカーの指定された給油スタンドは函館駅前を通り越し、5分位走った十字街のそばだった。時間のロスを感じながら給油を済まして駅前のレンタカー店で返却。時計は16時15分を過ぎていた。

返車の手続きをすまして、大通りを渡り、駅前を走って、改札をぬけて木古内行きの列車に飛び乗るとほどなくして定時出発。

232木古内線

函館を定時に出たものの、次の五稜郭駅では、10分以上停車し、札幌から函館に向かう特急、鈍行など3本の列車とすれ違って発車、そして上磯駅でも交換待ちで、しばらく停まって、遅れは15分以上にもなったが、その後は対抗列車の貨物や特急を待たせながら回復運転をしていき、結局木古内には10分程度の遅れで着いた。

北海道新幹線開業と同時に第三セクターに移管になる木古内線。これが最後だと思うとちょっとさびしかった。

そして、後続の特急白鳥に乗り換えて、青函トンネルをぬけて、青森駅を目指した。

|

« やきとり弁当 | トップページ | 青森ねぶた »

27年夏 10の未訪局」カテゴリの記事

北を目指す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やきとり弁当 | トップページ | 青森ねぶた »