26年春 局めぐり 

2014年4月22日 (火)

帰り道

御祓(おはらい)集落で味わい深い風景を堪能した後、一般道を使って松山空港に移動。

そして、格安航空会社(LCC)のジェットスターを利用して、成田経由で東京に戻った。

26564

ジェットスター

初めて利用したLLC。

一番の魅力はやはり料金。夜行バスより安く、松山・成田間が1ヶ月前購入で7000円弱。

機内については、大手とさほど遜色は無く、しいて言えば持ち込みのアルコールが飲めない位だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

御祓(おはらい)集落

局の有る御祓集落は、内子インターから車で15分ほど走った山里に有った。

集落は昭和の時代を再現した映画のセットに迷い込んだようだった。

26468_3

段々畑

綺麗に積まれた石垣は緩やかにカーブを描き見事だった。

26510

常盤橋

愛媛県内子町・大洲市で見られる屋根が付いている珍しい構造の木造橋。

橋のたもとには西暦1940年と刻まれていた。戦前に掛けられて今年で69歳。

橋を渡りながら見事なつくりに驚き、そして、台風の襲来が多い地域だけに、維持管理していくのは大変だっただろうなと思った。

26537_2

26525_2

| | コメント (0)

2014年4月19日 (土)

御祓簡易郵便局

買田簡易郵便局を後にして、国道377号線から県道218号線を進み、さぬき豊中インターから高松道に入り、愛媛県の内子インターを目指した。

途中、小松インターを過ぎるて山間部に入ると、やはり軽自動車はきつかった。

26443 

御祓簡易郵便局 61704

平成26年3月12日 15時22分

この局は平成25年12月2日に、先程訪ねた買田簡易郵便局と一緒(同日)に貯金扱いを開始した。

これで四国は未訪局は無くなったと思うと、やはり嬉しい。

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

東植田簡易郵便局

いよいよ本題、郵便局廻りの話。

さか枝で、お腹を満たして、今日最初の訪問局の東植田簡易郵便局に。

26405 

東植田簡易郵便局 63742

平成26年3月12日 12時18分

さか枝から約35分。高松の郊外、いや山里に近い場所に位置する県道30号線沿いに有る東植田簡易郵便局に到着。

今日も、気持ちの良い青空が広がっている。

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

買田簡易郵便局

高松東植田簡易郵便局から、県道13号線、国道32号線を走って買田簡易郵便局に。

通り道周辺には讃岐うどんの有名店が立ち並び、多いに気に成るところだが、寄っていたら、この後に行く愛媛県内子町の簡易郵便局に間に合わなくなってしまう・・・。

26429

買田簡易郵便局 63714

平成26年3月12日 13時10分

局は、香川県から阿波池田をぬけて高知に向かう国道32号線から1本東側に入った場所に有った。

国道から局に向かう道が判らず、先まで行って、折り返して局に到着。

局舎は、チョット手の込んだ建物だった。

26415

| | コメント (0)

さぬきうどん

高松築港駅から大通りを渡りすぐのレンタカー店で、ガソリン・保険代込の軽自動車を借りた。

そして、県庁近くのさぬきうどんの名店「さか枝」に向かった。

26388 

さか枝

セルフ店に慣れていない私は、前の人の見よう見まねで頼み、久々の讃岐うどんを楽しんだ。

店内は11時過ぎだったが、早お昼のお客さんで結構混んでいた。

| | コメント (0)

2014年4月11日 (金)

高松琴平電鉄鉄道

琴平に宿をとったのは訳が有った。

高松琴平電鉄鉄道(通称 ことでん)に乗るためだ。

琴電はJR高松駅近くの高松築港をスタートし次の瓦町で三方に別れる路線形態。

乗る以上は全線乗りたい。そこで1日乗車券を購入し琴電琴平からスタート。まずは琴平線を瓦町まで乗り、その次に志度線を往復し、最後に長尾線を乗って、高松築港でゴールするルートで乗り継いだ。

26179

琴平線

琴電琴平駅に行くと、京急から移ってきた来た電車が停まっていた。

そして、車両側面には琴電のキャラクターが大胆に描かれておりビックリした。

26219 

志度線

名古屋市営地下鉄で使っていた電車に乗車。

終点の志度駅で写真を撮っていたら、乗って来た電車は慌ただしく折り返し行ってしまった。

乗り残された私は20分後に来る次の電車まで、平賀源内の生誕地を訪ねながら町歩きを楽しんだ。

26308 

長尾線

この路線は車窓から見える山の形がユニークだと思った。

山頂が平べったく長い屋島が見えたと思ったら、次に現れたのはマンガに描かれるような丸い山。車窓は山の博物館のようだった。

26316 

26323 

| | コメント (0)

2014年4月 9日 (水)

瀬戸の夕暮れ

上刑部簡易郵便局で今日予定していた3局の訪局を終えて、一般道で岡山駅近くのレンタカー店に戻り返却。

そして、岡山駅に戻って快速「マリンライナー」で四国に渡り、坂出駅で乗り換えて今晩の宿泊先の琴平に向かった。

26132 

瀬戸大橋の夕暮れ

岡山駅17時42分発の「マリンライナー」に乗ったが、残念ながら瀬戸大橋手前の茶屋町で日は山影に沈んでしまった。

電車は残照の瀬戸内海を眺めながら瀬戸大橋を渡った。

手前右手の島は本島。

| | コメント (0)

2014年4月 7日 (月)

上刑部簡易郵便局

続いて、山陽インターから山陽道に入り、岡山道経由で中国道の北房インターまで高速を利用し、その後は一般道を進んで行った。インター降りるまでは陽春の景色だったが、局が有る山里に近づくにつれて車窓の景色は冬に戻って行った。

26086

上刑部簡易郵便局 54830

平成26年3月11日15時28分

昨年の秋に直営局から簡易局に降格に成った局。

話好きな局長さんは、東京から来た事を知ると、すごく恐縮されていた。

26078

レンタカー

この局に行くに当たって、冬用タイヤ(スタットレス)車を借りるか多いに迷った。

冬と春の季節を行き来する3月は微妙だ。

悩んだ末、局に行けなければ意味は無いと言う結論に達して、安全策をとって1575円の追加料金を払って冬用タイヤを履いた車を借りた。

局長さんの話では、昨日は局周辺では10cmの積雪が有ったそうだ。日陰の凍結の危険を考えたら冬タイヤで正解だったようだ。

26082

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

笠加簡易郵便局

青春18利用で、新快速と各駅乗継で岡山到着は12時38分を予定していたが、新快速の遅れにより仕方なく新幹線を利用して岡山駅には12時23分に着いた。

駅から歩いて数分の場所でレンタカーを借りて、岡山に残っている2局の未訪局を目指して車を走らせた。

最初に訪ねたのは、瀬戸内市の笠加簡易郵便局。

26063 

笠加簡易郵便局 54730

平成26年3月11日 13時39分

岡山駅近くのレンタカー店を12時55分に出発し、国道2号線などの一般道を走って13時38分に到着。

白を基調とし、赤い郵便マークがワンポイントに成っている可愛い局舎だった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | 26年春 局めぐり  | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 平成26年 局めぐりスタート | 平成25年晩秋 東北を訪ねて | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に