バーチャル訪局

2014年7月 9日 (水)

上津江・池島のまわり方

この文書は6月sの下旬に、仕事の合間に気分転換で下書きしたものですが、良かったら読んでやってください。

今日は、5月19日に簡易局に降格になった上津江簡易、池島簡易の廻り方を考えて見ようと思う。

大前提は安く行きたい、そして効率よく廻りたい。

まずは位置関係。大分県日田市の上津江簡易と、長崎県長崎市の池島簡易は直線距離でなんと131kmも離れている。

そして池島簡易局は読んで字のごとく、池島に有る離島局。

となれば、まずは船の便から考えて行こう。

池島に渡る航路は、本土側の神浦港、瀬戸港、佐世保港から出ている。

時刻表を見てみると、どの港も、通学・通院に利用者が多い朝と夕方に船便」が集中していて、肝心な郵便局の営業時間中の運行は少ない。

午前中の組み合わせで使えそうなのは、朝7時代に瀬戸港または神浦港を出て、11時前後に戻って来るパターン。この時間で、レンタカーで高速道路利用で上津江簡易に向かっても間に合うのだが、東京からだと前泊が必要になってしまう。

東京から日帰りで行くとしたら、きわどい船と島内バスの乗り継ぎに成るが、15時34分に瀬戸港を出る高速船に乗ると16時ぎりぎりに池島簡易郵便局に着く。そして松島乗り継ぎになるが16時50分に瀬戸港に戻る。

池島に渡るには、このパターンしかないと思った。

次は東京からどう向かうか。

本数が多いのは福岡空港。訪局ルートから考えれば長崎空港も魅力的だ。

色々と調べると、上津江と池島の間に有る佐賀空港で、お得な商品が発見。

なんと、レンタカーが24時間利用で1,000円(1人だと2,000円)。

素敵な話だ。

利用空港は佐賀しかない。

そのようにして訪局ルートは固まっていった。

決まったルートはこんな感じ。

羽田から朝一の全日空で佐賀に行き、空港でレンタカーを借りて、一般道を利用して最初に上津江簡易局。その後は日田から高速を走って瀬戸港に向かい池島に渡る。帰りは瀬戸港が16時50分だと全日空の東京便最終に間に合わないので、6月から運航を開始する中国系のLLC春秋航空を使って帰ってくる。マイルを貯めて無料で乗れる全日空の特典航空券を使うなら、、佐賀駅近くでレンタカーを返車して駅前から福岡空港行きのバスに乗って福岡から帰って来るのも手だ。

これで行こうと思った矢先、なんと大分県内で直営局から簡易局に降格になる局の発表が有った。

なんという事だ。

そして、手間暇をかけて作ったコースは水の泡のように消えて作り直しとなった。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

むずむずして 上信越に

 バーチャルでコースを書いているうちに、たまらなく郵便局に行きたく成ってしまったな・・。

どこでも良いから、行きたい・・・。

でも夏場に行くなら、冬場に行けない場所が良いに決まっている。

そうなると・・・、

雪国の新潟だな。

日程を調整してみると月末だが、7月30日なら休めそうだ。

そして、最初に書いたコースを基本にアレンジして、下記のコースに決定。

  1. 九十九簡易郵便局 (群馬県安中市)
  2. 倉科簡易郵便局 (長野県千曲市)
  3. 新井郵便局長沢分室 (新潟県妙高市)
  4. 才津簡易郵便局 (新潟県長岡市)
  5. 日越簡易郵便局 (新潟県長岡市)
  6. 入塩川簡易郵便局 (新潟県長岡市)
  7. 下条簡易郵便局 (新潟県加茂市)
  8. 巣本簡易郵便局 (新潟県五泉市)
  9. 〆切簡易郵便局 (新潟県新発田市)

本当は、群馬県東吾妻町にある「須賀尾簡易郵便局」を入れて、群馬県、長野県、新潟県の三県の再度完局を狙いたい所だが、うっかり落としていた入塩川簡易局を入れたところ、時間がたんなくなってしまって諦める事に・・・。

それでは・・・。次回より今回の局巡りを書いていきます。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

バーチャル訪局 最後に離島を その3

今度は沼島を除いて出羽島と生見の各簡易郵便局、そして香川県の最近貯金扱い貯金を始めた局をバーチャルで廻ってみようと思う。

レンタカー店、東京からの夜行バスの便、そして船の時間を考慮して、香川県丸亀市の土器簡易郵便局からスタートし、綾川町の2局、出羽島、生見の5局を目指すルート。

こんな感じでどうだろう。

  • 土器簡易郵便局 9:00 (次の局には県道を使って12.7km)
  • 羽床簡易郵便局 9:20 (次の局には県道を使って9・7km)
  • 枌所簡易郵便局 9:35(次の局には高松、徳島道経由150.1km)
  • 出羽港12:35着 / 13:30出港
  • 出和島13:45着 / 15:00出港
  • 牟岐港15:15着 (生見局まで25.3km)
  • 生見局16:00着

この場合は沼島は別の日に訪ねる事に成る。そのルートも福井県や山陰などの未訪局を含めて、多種多様の局と組み合わせ可能のようだ。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

バーチャル訪局 最後に離島を その2

 まずは兵庫県から高知県に抜ける縦ルートを・・・

前日、東京駅を21時40分に出る「超特割青春」当たりを使って早朝大阪入り。レンタカーを借りて、明石海峡大橋を渡って淡路島に入り、土生港9時発の船に乗って沼島に。

  • 沼島郵便局 兵庫県南あわじ市 

50分の島に滞在し、船で再び土生港に。ここから大鳴門橋を渡り四国入りし、鳴門インターで降りる。徳島市内の渋滞が心配だが国道11号、55号をひたすら南下して、牟岐町を目指す。この区間約120km。高速が欲しい場所だが残念ながら無い。出羽島に向かう船は13時30分。間に合えば良いのだが・・・。

  • 出羽島簡易郵便局 徳島県牟岐町

船は乗船時間15分で出羽島に到着。帰りは15時出航の船に乗って牟岐港15時15分着。その後、高知県の生見簡易郵便局を目指す。距離は25.3km。ここも厳しい。

  • 生見簡易郵便局 高知県東洋町

そして、来た道を延々と走って大阪に戻り、夜行バスで戻ってくる案だ。

走行距離が長いわりに訪局数ヶ少なく、時間に追われるのが難点だ。

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

バーチャル訪局 最後に離島を その1

今回の最後に、離島のバーチャル訪局を楽しんでみよう。

目指す場所は淡路島から船で渡る沼島と、徳島県南部に浮ぶ出羽島。

沼島は一度も行った事が無いが、現在、簡易局に成っている出羽島の郵便局は特定局だった昭和63年暮れに訪ねている。

地図を見て、それぞれの船乗り場に当たる土生港と牟岐港間の距離を測ると約120km。がんばれば、1日に2島を廻ることは可能のような気がする。

これに、高知県の生見簡易局を加えた3局をメインに組んでいこうと思う。

沼島は兵庫県で近畿地方、一方の出羽島は徳島県で四国地方とあって、色々のコースが考えられる。

それではコースを・・・

| | コメント (0)

2010年7月31日 (土)

バーチャル訪局 東海プラスα その2

コースは色々な廻り方が有る。

訪局ルートは、島の訪局で船の時間等に縛られている場合を除き、決して正解が有る訳ではない。

各人各様で、楽しめれば良い事だと思う。

と言うことで、私は西から東に目指す事に。

え?なぜ。西から東と思われるかもしれないが、出発点の奈良県宇陀市の笠間簡易局周辺には未訪局が残っていないからだ。幅を広げて奈良県全域、滋賀県、大阪府南部、和歌山県北部を見渡しても無い。そして、これから出来そうな感じも無い。

と言うことで、笠間簡易はしっかり押さえておきたい。

一方、東の方の豊橋の多米簡易局は、所要時間は普段より余裕を持たして有るが、市街地通過が多いだけにルート途中で混雑すると時間的に厳しそうだ。

もし廻りきれなかったら、静岡県磐田市の勾坂簡易局と組む手がある。豊橋市多米簡易局から一部東名を使って55分。充分可能だ。それに静岡県は、これからも貯金取扱い開始局が増えそうな感じがする。そういった局と組むのも一つの方法では無いだろうか。

それでは、今回のコースを・・・。

  • 笠間簡易郵便局 9時 奈良県宇陀市

            名阪国道を使って62.3km

  • 亀山安知本簡易郵便局 10時20分

            東名阪道を使って58.7km

  • 名古屋春田郵便局 11時10分 名古屋市中川区

            東名阪、名古屋高速、名神使って38.4km

  • 日置江簡易郵便局 11時50分 岐阜県岐阜市

            県道31号線、国道21号線使って5km 

  • 岐阜茜部簡易郵便局 12時 岐阜県岐阜市

           国道21号、東海北陸道、国道248号線使って26.2km

  • 富岡簡易郵便局 12時30分 岐阜県関市

           東海環状道を使って76.7km

  • 坂上簡易郵便局 13時35分 愛知県豊田市

           国道248号線 27.2km

  • 坂崎簡易郵便局 14時20分 愛知県幸田町

          国道247号線 35.9km

  • 豊橋多米簡易郵便局 15時20分 愛知県豊橋市

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

バーチャル訪局 東海プラスα その1

 訪局予定を立てるときには、これからの動向も加味しながら決める事も重要だ。今回はその話を書いていこう。

 東海地方も、新潟、九州本土と同じように、今年前半に未訪局はある程度片付けた。まだ貯金取扱い局で訪ねていないのは静岡県6局と、三重県南部の紀伊半島部分に残っている7局、そして最近発覚した名古屋市内の未訪局1局の計14局だけだった。

しかし、この東海地方も、ご他聞にもれず次々に貯金取扱い開始局が現れた。この局達だけを追っても良いのだが、廻り終わった直後に今回の様に新規の開始局が増えたら、またイタチごっこだ。

そこで一計を案じた。簡易局が貯金等の金融業務を開始するには、まず金融庁の認可が必要に成る。その動きを探る事によって、事前予想は可能ではないかと思った。

そして今回のコースは認可が下りているが、貯金扱いを開始していない局を含む局めぐりを考えてみた。

愛知県

  • 名古屋春田局 名古屋市中川区 (うっかり落としていた痛恨の1局)
  • 坂上簡易局 愛知県豊田市 6月18日貯金扱い開始
  • 坂崎簡易局 愛知県幸田町 6月18日認可 現在貯金非扱い
  • 豊橋多米簡易局 愛知県豊橋市 6月18日認可 現在貯金非扱い

三重県

  • 神辺簡易局 三重県亀山市 6月28日認可 現在貯金非扱い

岐阜県

  • 岐阜茜部 岐阜県岐阜市 6月2日認可 現在貯金非扱い
  • 日置江  岐阜県岐阜市  6月14日認可 現在貯金非扱い
  • 富岡   岐阜県関市 6月28日認可 現在貯金非扱い

奈良県

  • 笠間 奈良県宇陀市 7月1日貯金扱い開始

上記は、あくまでも私の未訪局を並べたものです。認可が下りているが以前に貯金をした簡易局や、静岡県、三重県の紀伊半島部の未訪局は除いて有ります。

また、奈良県の「笠間簡易局」を含んだのは、局周辺に未訪局が無く、適当な組み合わせ局が無かった為です。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

バーチャル訪局 九州編 その2

それでは、コースを作ってみよう。

今回は4局だけだと物足りないので、私が訪ねていない熊本県の水源、月瀬各簡易局を加えて、6局でコースを作ってみるとこんな感じになる。

  • 水源簡易局 9:00 熊本県菊池市 (県道203号線沿い)

           次局には国道325号線で移動して37.4km

  • 月瀬簡易局 10:00 熊本県玉名市 (菊池川に沿う県道6号線沿い)

           次局には県道6,3,4,10号線など通り一般道経由で32.9km

  • 皿垣簡易局 10:50 福岡県柳川市

           次局には県道771号線で移動して6.1km

  • 下百町簡易局 11:05 福岡県柳川市

          次局には国道208号線で移動して20.4km

  • 神埼姉川簡易局 11:40 佐賀県神埼市

          次局には国道34、263号線で移動して16.5km

  • 下熊川簡易郵便局 12:05 佐賀県佐賀市

まだ時間はたっぷり有る。それでは欲張ってもう1局。

         長崎道、大分道を使って131.4km (内高速が114・8km)

  • 下川簡易局 13:55 大分県由布市

*使用道路はメイン道路を表記して有ります

ま~あ、こんな感じで廻れそうだ。ポイントとしては下百町簡易から神埼姉川の移動で、この区間は筑後川を渡る橋で混むし、佐賀県に入ればクリーク(水路・堀)に行く手を阻まれる。クリークを回避するには、判り難い地元道を行くか、遠回りして確実な道を選ぶかしかない。(距離計算は後者でして有ります)

           

| | コメント (0)

2010年7月25日 (日)

バーチャル訪局 九州編 その1 

今度は九州で考えてみよう。

九州の貯金扱い開始局は以前は鹿児島県に多く見られたが、最近は鹿児島県が充実したせいか、筑後平野に多く見られるように成ってきている。取りあえず筑後平野周辺の開始局をあげて見ると・・・、

福岡県

  • 下百町簡易郵便局  柳川市 平成22年1月25日貯金扱い開始 
  • 皿垣簡易郵便局   柳川市  平成22年7月16日貯金扱い開始

佐賀県

  • 下黒川簡易局 佐賀市 平成22年3月21日貯金扱い開始*
  • 神埼姉川簡易局 神埼市 平成22年6月10日簡易局開設

      (私は訪ねていないが、下黒川簡易局は大昔に貯金扱いしていた模様)

驚く事に半年の間に4局も貯金扱いが始まっている(うち1局は新設局だが)。今春にみやま市の東山簡易局を訪ねた時、近々下百町簡易局が出来るみたいだが、1局位出来てもな~と思っていた。しかし、こんなに増えるとは・・・。

ここで、もう一つの特徴としては、福岡と佐賀県の2県にまたがって貯金扱い開始局が増えている事だ。貯金開始局が同市内や隣接地域で増える事は、よく有る事だが、隣県同士と成ると珍しい。

次回は、この局たちの訪局ルートを考えて見たいと思う。

| | コメント (0)

2010年7月23日 (金)

バーチャル訪局 越後編 その2

いよいよ、コース作り。

車で廻る事を想定して作って行く。

どこの角で曲がったら判り易いかな?、こっちの道の方が距離が有るが走りやすそうだなと、地図を眺めて指でなぞり、インターネットを使って調べていくと、いつしか景色が浮んで来るから不思議だ。

そして幾度と無く試行錯誤を繰り返していくと、小学校の角を曲がって、突き当りを左とか頭の中でバーチャルの地図が出来上がっていく。

その後、何時の日にか、そのコースで実践した時、その通りの景色が展開していくと、もう感動もの。

さて、今回のコースはこんな感じでどうだろう。

  1. 須賀尾簡易局 9時 (次局には国道409号線から県道30号線 39.1km)
  2. 九十九簡易局 10時(次局には上信越道経由で93.6km)
  3. 倉科簡易局 11時5分(次局には上信越道経由で62.8km)
  4. 新井長沢分室 12時 (次局には上越インターから北陸道で98km)
  5. 才津簡易局 13時40分 (次局には国道8号線2.3km)
  6. 日越簡易局 13時50分 (次局には北陸道経由で41.7km)
  7. 下条簡易局 14時35分 (次局には国道403号線から県道41号線 23.4km)
  8. 巣本簡易局 15時10分 (次局には国道290号線 33.7km)
  9. 〆切簡易局 16時

*使用ルートはメインに使う道を記入。車の速度計算は高速が時速90km、一般道40kmで、市街地は多少加味して有ります)

ま~あ、なんとか最近出来た局を中心に一日9局行けそうな感じだ。良かったらお試しを。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | 26年春 局めぐり  | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 平成26年 局めぐりスタート | 平成25年晩秋 東北を訪ねて | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に