むずむずして上信越

2010年8月22日 (日)

検証してみよう

 最後に、ナビタイムを元にバーチャル計算した仮想値と、実際の走行内容を比較してみようと思う。

下記がその結果だ。

局名   バーチャル   実際時間
  予定時間 局間距離 実際時間 局間距離
九十九 9:00   9:05  
    93.6km   94.7km
倉科 10:05   10:13  
    62.8km   65.8km
新井長沢 11:10   11:15  
    98km   100.1km
才津 12:35   12:43  
    2.3km   2.2km
日越 12:45   12:53  
    26.1km   26.7km
入塩川 13:25   13:32  
    28.9km   53.8km
下条 14:10   14:59  
    23.4km   24km
巣本 14:50   15:47  
    33.7km    
〆切 15:40      

走行ルートは、ナビタイムが示したルートを走ることを基本とした。そして、時間計算について、ナビタイムの時間ではなく、走行距離を元に、高速90~95km、一般道40kmで、再計算して時間を割り出した。

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

道の駅「R290とちお」

後ろ髪を引かれる思いで、本日8局目の巣本簡易局で訪局終了。

そして帰路に。

巣本局の前の道を、道なりに走って、磐越西線のガードをくぐって国道290号線に。

この国道は村松の街中を過ぎ山間部に入っていくと、蒲原鉄道の廃線跡が確認できた。特に冬鳥越スキー場には、使われていた車両も置いてあり、チョッと車を停めて眺めたい気分だったが、先を急いでいたのでパス。

そこから暫らく走ると、先ほど道を間違えた痛恨の交差点に出た。間違えた原因を今一度検証しながら栃尾に向かって進めていく。どうやら、この部分の国道290号線は1本の道ではなく、幾つかの道を繋ぎ合わせて国道に昇格しているようで、やたらとクランクが有るのが特徴で、標識を充分に確認しながら進む必要が有るようだ。

やがて、栃尾の町を抜けて、道の駅「R290とちお」に立寄る。

044

遅~い昼食

道の駅で、地元名産のあぶらあげ豆腐を使った食事を注文。

美味かった~。









046

この後、更に国道290号線を進み石峠をトンネルで越えて魚沼市に。そして、小出インターの手前のセルフスタンドで給油して、関越道を利用して帰ってきた。











参考に全走行距離834.8km 平均燃費リッター当たり14.86km

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

巣本簡易郵便局

下条簡易郵便局を後にして、巣本簡易郵便局を目指す。

ルートは、国道403号線から県道41号線を進めて行ったのだが、国道403号線が思いのほか流れが悪く、予想以上に時間がかかってしまった。

039 

巣本簡易郵便局 12726

7月30日 15時47分

遅れは更に増大し、予定より1時間近い遅れに成ってしまい、ここが最後の局に成ってしまった。(トホホ・・・)

この簡易局の隣には野菜直売所があった。そこで、新潟系の枝豆「湯あがり娘」などを買ってお土産に。(美味かったな~)

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

下条簡易郵便局

国道403号線から信越線を渡り、一つ目の十字路を左に曲がると、古い町並みが広がっていた。その右手に下条簡易郵便局が有った。

予定では14時10分を予定していたが、実際着いたのは49分遅れの14時59分。この時間では、どう考えても57km先の新発田市の〆切簡易郵便局まで行くのは無理だ~な。

それを思うと、車を降りて郵便局に向かう足が重たかった。

035 下条簡易郵便局 12718

7月30日 14時59分

この局は今年の3月19日から貯金扱いを始めた簡易局。参考に先ほど訪ねた長岡市内の日越簡易局は3月16日から貯金扱いを開始、更に才津簡易郵便局は4月16日と、ここのところ新潟県で貯金開始局が相次いで発生している。ちなみに、いずれも元は農協簡易で貯金は扱っていなかった。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

道を間違えた!

入塩川簡易郵便局を後にして、一般道を利用して加茂市の下条簡易郵便局を目指す。

事前の計算では、移動距離28.9km、所要時間45分と読んでいた。

まず、入塩川の簡易局の前から、最短で国道290号線に抜ける県道441号線があるはずだった。しかし、見渡してみたが、これはと言う道は無かった。仕方なく、何となく太そうな道を選び進んでいった。しかし、その道は集落の外周を走る道に変わり、やがて、入塩川簡易の前を走る県道317号線に合流して終わった。

仕方ない、暫らく、この県道を進んで行こうかと走っていくと、左に分かれる立派な走りやすそうな県道9号線が現れて心は揺れた。車を停めて地図を眺めて、ど~うしようかな~。と悩んだ。指で距離を測ると差ほど距離は変わらないようだ。ならば決めたと道で行こうと前進。

やがて、人面(ひとづら)交差点で、国道290号に当たり右折し予定ルートに乗った。。道は走り峠道で、サミットをトンネルで越えて里に下っていくと、右手に長堀局が有る突き当たりに。

あ~れ、正面の道は国道289号線か~な。確か突き当たった先には、川幅の有る五十嵐川が流れているはずだが・・・。ちょっと雰囲気が違うが・・・。と、疑心難儀に成りながら突き当たったんだから左だとハンドルを切る。しかし、国道だと思っている道は、だんだん狭くなっていく。あれれ?

実は、この交差点を頭に叩きこんで置く事を忘れていた重要な右折ポイントだった。しかし、その事には気が付いていなかった。

その事が、後に大変な事態に・・・。

下手くそな絵だが間違えた場所は、こんな感じ。え!余計判らないって・・・。

Cocolog_oekaki_2010_08_13_00_58

つまり、戻るように進む県道213号線に入ってしまったのだ。

更に、県道213号線当たった道は、なんと先ほど入塩川簡易局から人面交差点まで進んできた道の先。もっと最悪だった事は、その事に気がつかず右折し、見附市内中心部に進んでいった事だ。さすが、人家のだんだん増えて行き、想像していた光景との違いに気が付く。しかし、気が付いた時もう手遅れ。戻るにも時間のロスが多く進むしか成った。

そして、見附 → 国道8号線 → 三条市 → 国道289号線 → 国道403号線 で、下条簡易郵便局に。

い~や、みっともない話だ。

| | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

入塩川簡易郵便局

 次も長岡市内と言っても、平成の大合併で、つい最近長岡市に成った地域で、旧栃尾市内にある局。

そうなると、才津局から日越局の様に10分で行くはずも無く、入塩川簡易局に向けて、流れの悪い長岡中心部を通り、山間部に向かう長いトンネルを抜け、栃尾バイパスを走り、更に県道317号線を進んで局に到着。ちなみに所要時間は39分で走行距離は26.7km。


032 入塩川簡易郵便局 12724

7月30日13時25分

この局は、平成15年5月から貯金扱いを開始した簡易郵便局。以前(平成6年11月18日)に栃尾周辺を廻った時点では、この局は現在の位置と異なる近くの農協内にある簡易局で貯金は扱っていなかった。

その後、貯金扱いを開始した情報を知る事も無く安穏としていたが、今年買った「全国郵便局名録2010」に貯金扱い局に成っており思わず目が点!訪ねることに・・・。

034 県道側から見ると、

こちらは県道側から見た写真。

細かく書くと、県道が有って側道が平行して走っていて、その側道にそって簡易郵便局の有る建物(本業は酒屋)が建っていて、局の入口は、県道から直角に走る道沿いに向いている。したがって、目印はゆうパックの幟と、小型ポスト。

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

日越簡易郵便局

 才津郵便局から来た道を戻り、国道の先を右折して道なりに進むと左手に農協が有った。その向かいに日越簡易郵便局を発見。才津簡易からわずか10分。今日のここまでの局巡りは、高速を挟んでの移動だっただけに拍子抜けする近さだった。

029

才津簡易郵便局

7月30日 12時53分

通りを挟んで反対側の農協から局が移り(独立して)、今年3月から貯金扱い開始した。

この局には、予定では12時45分で組んでおり、実際は8分遅れの12時53分。良いペースだ。しかし、この後、とんでもない事に成ろうとは、この時点では夢にも思わなかった。



025

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

才津簡易郵便局

 新井郵便局新井長沢分室を後にして、里に下って、流れの良い国道18号線で上越インターから北陸道で、途中、窓の外に広がる日本海を眺めながら長岡インターに。

021 

才津簡易郵便局 12732

7月30日 12時43分

簡易局は、長岡インターから物流倉庫街を抜けて5分とかからない距離だった。

入口のつくりが、いかにも雪国らしい二重扉を見て、越後に来たなと感じた。

この局からだったら、長岡の花火が良く見えるだろうなとふと思った。

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

新井郵便局新井長沢分室

倉科簡易局で貯金を果たし、長野県内の貯金を取り扱う郵便局を再び完局した。

そして、再び更埴インターから上信越道で、豊田飯山インターまで走り、飯山市内に。

飯山市内の国道117号線沿いには、今年3月に降り続く雪の中、なかなか見つける事が出来ずに骨が折れた静間簡易局が有る。見通しの効く夏場なら簡単に見つける事が出来るだろうと右側を注意しながら走っていく。やがて局のある100円ショップが見えてきて、その影に簡易局が・・・。雪が降っていなくても見つける事は困難だった。

そして、新幹線建設中の街中から寺町を抜けて、国道292号に入ると、貯金のみを扱っている飯山旭郵便局が・・・。横目で見ながら、ふと「この局が貯金を始めると再び行く事に成るな。まだまだ長野県完局への道が続くのかな~」、そんな事を思った。

やがて国道は峠道なり、県境を越えて「新井郵便局新井長沢分室」に。

014 新井郵便局新井長沢分室 12026

7月30日 11時15分

この局は遠目から判る看板がいっさい出ておらず、今回一番見つけ難かった局。

郵便局を見つける事が出来ずに、局の前を数回往復してしまった。目印は学校のわき長野側。



017 階段を昇って

局は村の集会所のようなところに有った。建物に入り、靴を脱いでスリッパに履き替えて局に伺った。

局員さんは、地元の方か、町から通われているのか聞きそびれてしまった。

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

倉科簡易郵便局

再び松井田妙義インターまで戻って、上信越道を長野方面に向かうと、早速碓氷峠の登り道に入る。

家の車はオートマのインプレッサーで、高速ギヤ比のため、平坦のところなら軽くスピードが出て良いのだが、峠道は苦手だ。一度坂道で速度を落としてしまうと、スピードを戻すのが大変なので、ドライブ、3速を切り替えながら100kmを維持しながら、あえぎながら登っていく。

やがて、軽井沢からいくつかトネンルをくぐって佐久平に向かっていくと、信州の山並みが見えてきて、ほっと一息。

景色を楽しみながら進み、1時間弱で更埴インターに到着し、少し戻る感じで「あんずの里」の近くに有る局に向かった。

010 

倉科簡易郵便局 11815

7月21日10時7分着

局舎はコンビ二のような外観だった。

長野県は今年の3月末に完局していたのだが、わずか2ヶ月ちょっとで、貯金扱い局が増えるなんて・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に