中国地方を訪ねよう その1

2011年2月12日 (土)

そして、帰り道

船で広島県大竹市に戻り、その後レンタカーを西に向かって走らせ県境を越えて、岩国でレンタカーを返却。

山陽本線の上り鈍行に乗って広島駅で一旦下車し、駅ビルの1階でお口直しのお好み焼きを食べた。夕食時間と有って店は混んでいたが意外と待たずに美味しそうな焼き立てが出て来た。やっぱり、昼間のとは味が違うなと、あつあつの豚玉をほおばり広島の味を満喫。

そして再び山陽本線に乗って倉敷に出て、横浜に向かう夜行バスに乗って帰ってきた。

これで、今回の中国地方の郵便局廻りの話は終わりますが、長期間に渡って読んで頂き有難うございました。

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

阿多田島のネコ

この島に尋ねた最大の目的の郵便局訪問を終えて、港周辺をぶらぶらしたが、何故か集落内にはネコはいかった。帰りの船の時間が迫り、この島にはネコはいないのかなと諦めて、船着場に戻ると、どこからかネコの鳴き声が・・。その声を追っていくと、倉庫のすみっこでネコ達がお食事中。なるほど、どおりで集落内にネコがいないはずだ。

2211302

あ!ネコだ!!

模様から言って家族だろうか。

ネコ一家は島民からもらったキャット:フードを、カメラを向ける私を気にしながらも、夢中に食べていた

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

阿多田島郵便局

いよいよ今回最後の局、阿多田島郵便局に。

島に上陸して、港から延びる道を歩いて行き、人がやっとすれ違えそうな細い路地に面している郵便局を発見。

2211295

阿多田島郵便局 51280

12月1日 15時25分

局の前の道が狭く、正面からの写真を撮ることが難しく、このような写真に。

これで、瀬戸内海の離島の残りは、山口県が平群島。広島県が百島、走島、鷺島。兵庫県が沼島。愛媛県が4島。大分県が姫島の10島。まだまだ有るな~。

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

阿多田島汽船

そして阿多田島に向かう。

2211271_4 小方港

阿多田島に向かう船乗り場は小方港と呼ばれているが、建物に付いてる名称は大竹港旅客待合室に成っていた。

船乗り場は大竹市役所の裏手に成り、駐車場も有った。

2211273 船着場の主

中に入ると、日当たりの良い場所にネコが大胆なポーズでゴロン。

余りにも気持ち良さそうな表情だったので、カメラを向けると、猫は薄目を明けて迷惑顔でけん制した。

起こしてしまってゴメンよ。

2211308 就航船「涼風」

船は大竹から阿多田島間を所要時間35分で一日5往復している。

郵便局が開いている時間に島に着く便は、小方港9時30分と14時40分の2便しかなく、午前便だと島の滞在時間が2時間以上になるので、島の滞在時間35分の午後便を選択した。

阿多田島で撮った写真だが、車を横っ腹から浮き桟橋に降ろしていた。珍しい。

2211277 中学生徒室

船の客室の一角に中学生徒室があった。島では中学生以上に成ると島外の学校に通うようだ。

この通学輸送が有る関係で、昼便が極端に少ないかもしれないと思った。

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

お好み焼き

初日に比べて、今日2日目は時間に余裕が有った。

そこで、来る前に東京で大竹市内の美味しいお好み焼きやを調べておいた。

そして大竹松ヶ原簡易から、阿多田島にわたる途中で、国道沿いに有るその店に立寄った。のれんをくぐりお店に入ると、たまらないほど良い香りがお店いっぱいに充満しながら、お好み焼きが焼かれていた。ここなら美味しいはずと注文すると、なんと残念な事に準備中との事。どうやら焼いていたお好み焼きは、お店の方の昼食のようだった。

この良い匂いを嗅いでしまった私の頭の中は、すっかりお好み焼きモード。しかし、残念な事に廻りにお好み焼きやは見つからない。仕方なく、近くのショッピングセンターに行き、フードコーナーでお好み焼きを注文。しかし、いやな予感が・・・。

2211282 お好み焼き

お店で注文すると、若い女の子が早速焼きだした。しかし慣れていない様子で、なんと後ろから年配女性が焼き方の手ほどきを始めた。

残念な気持ちと、お好み焼きの期待度が薄れる中、5分程で焼きあがり、阿多田島に向かう船の中で食べたが、調理実習の味がした。

その後、広島駅構内に有る広島焼きの名店の「みっちゃん」で、お口直ししたのは、言うまでもない。

| | コメント (0)

2011年2月 5日 (土)

大竹松ヶ原簡易郵便局

 次は熊毛インターから大竹インターまで山陽道を35km走って、広島県大竹市の大竹松ヶ原簡易郵便局に。

2211259 

大竹松ヶ原簡易郵便局

平成23年12月1日13時43分

局舎は、先ほどの思いっきり郵便局マークが描かれた勝間簡易局と真逆で、建物には郵便局マークがいっさい付いておらず、まるで公民館のような建物。

建物前に、郵便局看板とゆうパックの旗が無ければ見落とすところだった。


2211270 

つい最近再開した局

この局は平成22年10月18日に再開し、再開と同時に貯金扱い開始。

局の場所は、廿日市市内に有る大竹市の飛び地内に有る。

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

勝間簡易郵便局

いよいよ今回の訪局旅行で、山口県最後の局になる「勝間簡易郵便局」に到着。局は坂の上に有って、郵便局マークが目立った。

2211248 

勝間簡易郵便局 55708

平成22年12月1日 12時58分

局に入ると若い女性局員さんが、たくさんいらっしゃって、和やかな簡易局だった。







2211257

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

下松久保簡易郵便局

下松久保簡易郵便局には県道63号線で行く予定だったが、カーナビが国道2号線を指示、鵜呑みして進んだ。国道2号線は車線数も有って走り易かった。「やはりカーナビだ。いい道を案内するよな」と快調に走っていると、なんか変だ。通り過ぎているような気が・・・。やがて山陽道が交差して来た。明らかに行きすぎだ。仕方なく、山陽道の下の交差点を右折し、岩徳線の大河内駅に出てUターウン。やはりカーナビまかせはダメだなと思いながら来た道を戻って下松久保簡易郵便局に到着した。

2211242 

下松久保簡易郵便局

12月1日 12時43分

すんなり調べたとおりに行けば、10分葉早く着いたなと後悔しながら、局のドアを開けた。

この局は午前9時から午後2時までの営業。

| | コメント (0)

2011年1月31日 (月)

大島本浦簡易郵便局

山の中の大道理簡易郵便局から国道315・188号線を使って、海辺の大島本浦簡易郵便局に。

214 

大島本浦簡易郵便局

平成22年12月1日12時10分

昨日訪ねた山口市の河内神簡易郵便局より一足早く、平成22年3月に再開と同時に貯金業務の取扱いを開始した。中国地方の簡易局再開の特徴としては、再開と同時に貯金業務を始め流事が多い。

| | コメント (0)

2011年1月30日 (日)

大道理簡易郵便局

 大津島から再び徳山港に戻り、迎えに来てくれていたレンタカー店の車に乗って、昨日返車したレンタカー店に行き手続きをして、昨日と同じ車(トヨタ ビッツ)で出発。

県道3号線を走って、徳山中心部から約20分で大道理簡易局に到着。

2211227

大道理簡易郵便局

12月1日

局は国道376号線沿いに有って、スムーズに見つける事が出来た。

局を訪ねた12月1日は、島根県益田市の神田簡易局が再開と同時に貯金扱いを開始した。せっかく近くまで来たのだから、コース変更して、再開当日に行ってみようかと悩んだが、イベントより一つずつの積み重ねが大事と予定通りまわる事に。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に