春風に誘われて 山口

2011年6月 6日 (月)

訪局の終わりに

船で柳井港の戻り、そこから青春18きっぷを使って、何回か乗換えを繰り返して倉敷駅に向かった。

そして、倉敷で夕食をとって、さらに山陽本線で岡山駅に出て、ツアーバスで横浜駅経由で自宅に向かった。

今回は、旅行日数が往復とも夜行バスを使った事も有って5日間に渡り長かったが、訪局数は離島中心と言うこともあり5局と延びなかった。しかし、内容は濃く、思い出深い旅に成ったと思った。

今年は離島中心に郵便局を廻って行きたいので、旅行日数は長いが、局数はごく僅かという感じで進んでいくと思う。

今回も、長文を読んでいただき有難うございました。

| | コメント (0)

2011年6月 5日 (日)

わかれの春

船乗り場に向かって歩いて行くと、「今日の午後の船で、診療所の先生と看護婦さんが離任されるので、なるべく多くの人に浜に集まって欲しい」という内容の放送が集落内に響いた。

年度末か。そう思いながら船の待合室に着き、船を待っていると、このあまり人影を見なかった集落に、こんなに人が住んでいたんだと、驚く位の人々が集まってきた。

やがて、船が長い汽笛と共に姿を現し着岸した。そのタイミングに合わせるように蛍の光が流れ、別れのムードは最高潮に。

672 別れの春

船が港に着くと、別れの挨拶、花束贈呈が始まった。

私は船の操舵室の横から、別れの風景を眺めながら、限界集落の医療の大切さを感じた。

674 いつまでも

船は岸壁を離れると、湾内を名残りを惜しむかのように船は一周した。そして島民の人々は、ずっと手を振っていた。

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

猫ハウス

もう、これ以上歩きたくないと思い、浜に出て船着場に向かうと、猫ハウス発見。

20匹以上の猫達が、思い思いの姿で過ごしていた。

606

612

626

638

642

| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

西平郡簡易郵便局

久しぶりに体力を使った郵便局巡りだった。

いや、使い果たしたと言った方が正しいかもしれない。

そんな思いで、平群島2局目の西平郡簡易郵便局に。

586 

西平郡簡易郵便局 55768

平成23年3月29日13時10分

ひっそりとして集落内を歩いて行くと、学校(休校中)近くに、郵便局は有った。

これで、山口県の離島局は廻りきった。残りは、岩国市の錦町簡易と、周南市の徳山久米簡易の2局となった。

591

| | コメント (0)

2011年6月 1日 (水)

歩く

離島の中には島内に複数の郵便局がある島が有る。一つの島に4局以上なら、車が必要だなとあきらめもつく。判断に悩むのは2~3局の場合だ。島内で車を借りる事が出来るならまだしも、フェリーに乗せていくには航送料が・・・。そうかと言って歩くのは・・・。

まさに今回訪ねた平群島が、そのパターンだった。

この島には、東側に平郡郵便局、西側に西平郡簡易郵便局の2局の郵便局が有った。余り大きな島では無いのだが、その2つの局は、なんと15kmも離れていた。そしてバス、タクシーなどの公共機関は無く、レンタカー、レンタサイクルも見当たらなかった。船で移動も有りかもしれないが、1日2往復じゃ使いづらい。本土からレンタカーを持ち込むという手も有るが、軽自動車(4m未満)でも片道の航送料が4,500円。往復してレンタカー代を払ったら15,000円だ。とても無理だ。

その結果、歩く事にした。

平郡東港に船が着いたのが10時10分、船が西港を出るのが14時40分。3時間半も有る。時間はたっぷりだ。

平郡郵便局を後にして、西平郡簡易郵便局に向けて歩き出した。

568

海岸沿いの道

最初の1時間20分位は平坦な海岸線の道で、岬を廻るたびに海の景色も微妙に変わり、春の海って良いなと呑気に歩いていたのだが・・・。

571

山道

やがて急な上り坂が現れた。この坂を登れば、峠越えで西集落に出られると甘く考えていたのだが、いくら山道を進んでも一向に景色が変わる気配は無かった。そして、電信柱に番号が振られていて、西集落に向かって数が減っていく事を発見。80何番だった電柱番号は、50台に、そして10を切った。もうすぐ到着か。10km以上歩き疲れきった私は、嬉しくなったのだが・・。なんと、番号が1になると、電線は海中に潜っていった。え~。

574

見えた!

歩き出して2時間半。時計が午後一時を指そうとした頃、下り坂の先に念願の西集落が見えた。嬉しかったな~。

この東と西の集落は、ほとんど交流が無いようで、歩いていた2時間45分の間に、すれ違った車は2~3台だった。

また歩き方として、私とは逆に西から東に向かうと前半が山道に成る。

| | コメント (1)

2011年5月31日 (火)

平郡郵便局

平群島には二つの局が有る。

まずは船の終点の平郡東港の集落内にある平郡郵便局を訪ねた。

563 

平郡郵便局 55221

平成23年3月29日10時20分

局で、目の前に見える島影は愛媛県?と訪ねると、山口県の屋代島(架橋島)との事。よほど天気が良くないと愛媛県の島影は見えないらしい。この日は春霞で見えなかった。

| | コメント (0)

2011年5月29日 (日)

柳井金魚ちょうちん

柳井は金魚ちょうちんが有名で、色々な場所でお目にかかった。

503 

旅客船ターミナルにて、

パンフレットなどで見ると、柳井は雰囲気の良さそうな町並みが残っている。郵便局は勿論訪ねているが、いつかは泊りたいと思うのだ、なかなか機会が作れない。



515 舩内にて

金魚ちょうちんは、空調の風と船の揺れに任せて自由に泳いでいた。なかなか思うように正面を向いてくれず撮るのに一苦労した。

平郡郵便局でも、金魚は吊るされていた。





543

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

平郡航路

翌日(3月29日)は、山陽本線に乗って柳井港駅に。

そして以前に、八島、祝島に向かった時と同じように、駅前を真っ直ぐ進み国道を渡り、旅客船ターミナルに向かって歩いていった。しかし、そこには今日目指す平郡島行きの窓口は無かった。さまよいながら窓口を探すと、出て左手に進んだプレハブの様な建物が、平郡行きの乗り場受付だった。

504 平郡航路

柳井港から平郡島に向かう便は、8時30分と16時30分の1日2便なので、郵便局を目指すとしたら8時30分便しかない。

珍しい紫色の船体。船の往来が激しい瀬戸内海で、目立つ目ためだろうか。






507

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

徳山の晩ごはん

萩大島を後にして萩港に戻った。そこからバスで東萩駅に出て、バスを乗換え新山口に向かい、さらに山陽線の鈍行で徳山に向かった。

498 

広島風 お好み焼き

昨年12月に徳山に泊った時は魚料理の夕食を食べた。今回は昨晩の夕食が見島の民宿で魚をメインとした大ご馳走だったので、今晩は軽めにお好み焼きに。

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

萩大島の光景

郵便局を終えて、帰りの16時まで萩大島内をブラブラ散策した。

425

家が密集していた

船が島に近付き、萩大島って、どんな島どんな島だろうと眺めてると、港から山頂まで見事なほど家が密集していた。

477

優雅な坂道

勾配緩和のためだろうか。集落の上に続く道は、優雅にきれいな曲線を描いていた。

449

451

453

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に