伊豆の未訪局を訪ねる

2012年8月14日 (火)

沼津北小林簡易郵便局

今日最後に訪ねたは沼津市の北小林簡易郵便局。場所は三島から沼津インターに向かった方向だが、入り組んだ住宅地に有り、一発で発見するのはチョット難しかった。

064 沼津北小林簡易郵便局 23834

平成24年8月1日 14時59分

今回の伊豆訪局で、未訪局は50局を切って49局に成ったが実感は湧かなかった。

未訪局が,、まだまだ青森から沖縄まで全国に点在しているせいだろうか。



071 深い谷の上

郵便局は崖からはみ出すように建っており、局と隣りの建物の間から下を流れる黄瀬川を覗き込むと、下の民家との高低差が大きく驚いた。

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

伊豆大川簡易郵便局

伊豆奈良本簡易郵便局前の旧道を進んでいくと大川の集落に出た。

今までの局の有った場所と違い、駅前と言っても人家は少なく畑が広がり、のんびり感が漂っていた。伊豆と言うと観光を連想するが、それとはほど遠く、また西伊豆の風景とも違っていた。伊豆急が50年前に開通する前の伊豆って、こんな感じだったのだろうか。

043 

伊豆大川簡易郵便局 23851

平成24年8月1日12時43分

この局は、郵便関係のだけの取り扱いを先行して昨年の7月に再開した。その後今年6月に貯金扱いを開始した。私としては、先行再開した時、この局が貯金扱いを開始したら、伊豆に行こうと思ってタイミングをはかっていた局。

貯金扱いが始まるまで、1年かかるとは、なかなかハードルは高そうだと感じた。

053 

局裏の風景

東京伊豆半島を結ぶ下りのスーパービュー踊り子号が、短いホームをはみ出してのんびり交換待ちをしていた。

| | コメント (0)

2012年8月11日 (土)

東伊豆奈良本簡易郵便局

続いて、東伊豆奈良本簡易郵便局に。

国道に再び戻り、熱川温泉の手前の湯の沢交差点から旧道を進み局を目指した。途中道のまわりには小学校や農協、そして商店街が広がっていた。この地区は観光客にとっては、伊豆熱川駅を中心とした海辺の温泉街のイメージが強いが、海から離れた高台の方が、今でも町の中心部に成っているようだ。

033 

伊豆奈良本簡易郵便局 23893

平成24年8月1日 12時43分

この局舎は、かつて飲食店だった建物を改装したようで、小上がりや調理場のカウンターなどの雰囲気が残っていた。

23800番台の局所コード(取扱店番号)が続くが、これは静岡県の農協簡易郵便局を中心に振られていた番号で、この23800番台で貯金を扱っている局は以前は少なかった。

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

南城東簡易郵便局

須崎簡易郵便局を後にして、国道に戻って北上していく。国道から見える白浜海水浴場は高波が立ち遊泳禁止の赤い旗が風で大きく揺れていた。

国道は、時々荒々しい海の風景を見せてくれた。晴れていれば、遠く新島あたりまで連なるの伊豆七島の島影が楽しめる場所だが、今日は伊豆大島、利島が薄っすらかすんで見えるだけで残念。

そして、東伊豆有数の温泉地の稲取温泉を過ぎ、片瀬白田駅の入口の先を右折して、伊豆急の下をくぐる。高架橋の造りが、伊豆急建設時と同時期に造られた大井町線の高架橋と似ていて興味が湧いたが、ゆっくり観察している暇は無かった。

022 

南城東郵便局 23838

平成24年8月1日 12時30分

この局を訪ねた時、ちょうどお昼時に当たってしまった。しかし、局長さんは食事途中にかかわらず嫌な顔もせず応対してくれた。そして、この局の読み方が「みなみきとう」と読むこと。由来が旧村名から来ている事などを、詳しく話して頂いた。

031 

局前から伊豆大島が見えた

局舎は、海岸線を進む南熱川温泉に向かう道沿いに有り、沖合には伊豆大島の島影も見えた。

そして、天気は急速に回復し、焼き付けるような夏の太陽が戻ってきた。道路の水たまりには青い空が写り、道が青く輝いてたのが印象的だった。

| | コメント (0)

2012年8月 5日 (日)

須崎簡易郵便局

台風の余波だろうか。

叩きつけるような雨が降り続いている。

せっかくの景勝地の西伊豆の海の景色も雨の中で楽しめない。

そして、伊豆半島の突端の石廊崎をショートカットするように下賀茂温泉をぬけて東伊豆に。半島の東側に入っても天気は相変わらずの雨模様。そして下田の駅に近付くと大渋滞。いくつものトンネルの手前から車の列。ただでさえ天気が悪いのに、余計に気が滅入ってしまう。

やっと渋滞をぬけ、下田湾を眺めながら進み、須崎に向かう県道に入り、突端の漁港の集落に目指していた須崎簡易郵便局は有った。

008

須崎簡易郵便局 23829

平成24年8月1日11時43分

雨の中、人影も無く、局はひっそりたたずんでいた。






014

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

妻良簡易郵便局

8月1日に静岡県の伊豆半島の郵便局を廻ってきた話を、今日から書いて行こうと思う。

静岡県には、全国で一番未訪局が残っている県で、7月末現在18の未訪局が残っている。なぜ残っているかと言うと、民営化後の静岡県では、次から次に貯金を開始した郵便局が現れ続けたため、溜まってから一気に廻ろうと思っていたからだ。

完局を目前にして、いよいよ、その時が来た。

まずは、今後一番貯金扱い局が増えそうもない伊豆半島から手を付けて行こうと思った。

002

妻良簡易郵便局 23901

平成24年8月1日 10時48分

妻良(めら)簡易局は、民営化以前に、西伊豆町の山間部に有る「やまびこ簡易郵便局」と共に、平成13年に特定局から簡易局に降格になった局。やまびこ簡易局は廻ったが、こっちの方は、いずれ訪ねる機会が有るかもしれないとほっと置いたのだが、その機会は10年以上たっても無かった。

東名の東京インターを7時過ぎに通過したのだが、局に着いたのは11時近かった。3時間半もかかるなんて・・・。東京から浜松市の山間部の簡易局より、この局は遠い場所かもしれないと思った。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に