粟国再チャレンジ

2013年2月 5日 (火)

77番系統

いよいよ帰路に。

今度も路線バスを利用して那覇に向かう。

行きと違うルートの方も楽しんでみたいと思い、77番系統の那覇ターミナル行きを、オリオンビール工場近くのバス停、東江から乗車。

この路線の景色もすごく良かった。

名護市内から国道329号線で島を横断し辺野古集落に。そこから東海岸沿いを走り、時々バイパスを外れのどかな雰囲気漂う集落に立ち寄りながら南下。宜野座村や金武町からは海の景色が広がり、遠く伊計島、宮城島なども見えた。さらに石川、具志川市をぬけて沖縄市に入るとすっかり景色は都会に。バスの車内から眺めるコザのダウンタウンの感じはなかなかだった。そして左右に広がる米軍基地を眺めて、再び国道51号線に合流し那覇バスターミナルに向かった。乗車時間約3時間。バス停の数110停留所。沖縄らしさを感じることが出来るバス路線だった。

そして、ゆいレールに乗り、安里の商店街(市場)でお土産を買って空港に向かい、JAL便で東京に戻った。

| | コメント (2)

2013年2月 3日 (日)

名護で楽しむ

琉球村で1時間半ほど過ごした後、再びバスに乗り名護市内に向かった。

今度は名護でお昼を食べたと、オリオンビール工場の見学。

すっかり観光客に成っている私って・・・!

239

ルートビア

今日のお昼は、沖縄でチーェン展開しているルートビアで、ハンバーガーの昼食を取った。

ビアと言われるとアルコール飲料を想像してしまうが、ノンアルコールの炭酸飲料。

251

オリオンビール

名護のビール工場では、お昼時間を除いて日中20分おきに約1時間の工場見学ツアーが有り、13時20分のコースに参加。

最後に試飲が有るのだが、2杯までが無料で、3杯目以降が有料成るのは面白いシステムだなと思った。

| | コメント (0)

2013年1月31日 (木)

琉球村

残念ながら今回も粟国島に渡れなかった私は、ホテルを出て国際通りから、120番系統の名護行きの路線バスに乗った。

バスは那覇市内から宜野湾、北谷、嘉手納の町をぬけて、延々と国道58号線を北上して行った。次々に広がる沖縄らしい景色を楽しみながら見ていると、乗車時間の1時間半はあっという間に過ぎた。

そして、琉球村のバス停で降りて、840円払って園内に入った。

126 

琉球村

この施設で見たいなと思っていたのが、神様(ミルク)を先頭に太鼓などを従えて、会場を練り歩く道ジュネーだった。

バスは10時1分着で、ショーは10時からだったので、入園するとちょうどミルクが出番を終えて帰るところだった。

そして、演技場にたどり着くと、獅子舞が始まるところで、なかなかユーモラスの踊りに見入ってしまった。

192 

ちょっと前の沖縄

琉球村に展示された家々の多くは本土復帰当時に実際生活していたものだった。

類似施設で南部に玉泉洞を併設した沖縄ワールドが有り、そちらは何回か行った事が有るが、琉球村は行った事が無くいつか行きたいと思っていた場所だった。

| | コメント (0)

2013年1月29日 (火)

いよいよ粟国に・・・

12月5日。

那覇のホテルで朝を迎えた。

いよいよ今日は再チャレンジで粟国渡る日。

祈るような気持ちで、カーテンを開けた。

昨晩降っていた雨は止んだが、曇天で風が街路樹を揺らしている。

風が強いな…。

部屋のテレビをつけて、天気予報の番組を探す・・・。

昨日、羽田空港に到着してから何回となく沖縄の天気や海上情報を携帯で見ているが、今一つ良くない。いや状況は悪くなっていく感じだった。

粟国のフェリーも、昨日は海上の時化に伴って、通常粟国島を14時出発のところが1時間早まって13時に出港している。

船は出るだろうか?

いや、出て欲しい!

そんな不安な気持ちで朝7時に粟国島の村役場に電話すると、まだ運航予定は決まっていないとの事。

不安な気持ちを抱えながら身支度を整えて、7時30分に、もう一度電話をすると、女性の声で本日欠航とのテープ案内が流れた。

残念・・・。

今回もダメか・・。

落胆の気持ちを抑えながら、朝食のバイキング会場に向かい取りあえず腹ごしらえ。

実は粟国に渡る方法は、もう一つ有って、那覇空港からセスナが1日3便出ている。この日は昼便が機体整備で運休で、朝便で行って夕方便で帰ってくる方法が成るが、行きの朝便は空きが有ったが、夕方便が団体で満席で取らなかった。

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

那覇の夜

水戸岡鋭治の幸福な鉄道展を見た後、福岡空港からスカイマークに乗って沖縄・那覇空港に向かい、ゆいレール(モノレール)に乗って美栄橋近くのホテルに宿泊。

そして、夕食は国際通りから少し奥まった場所に有る山羊料理店を訪ねた。

122

山羊さし

沖縄らしいものを食べたいと思い足を運んだ店。

山羊さしは、柔らかく美味しかった。

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

水戸岡鋭治の幸福な鉄道展

福間駅から快速に乗り博多駅に。博多駅では、すぐに空港行きの地下鉄に乗り換える予定だったが、先程乗ったイオンモール行きのJR九州バスの車内に「水戸岡鋭治の幸福な鉄道展」のチラシがぶら下がっており、気に成ったので立ち寄る事に。

場所は九州新幹線の博多駅乗り入れに伴って立て直された駅ビルの9階の九州ホール。入場料1000円を払って中に・・・。

114

水戸岡鋭治の幸福な鉄道展

JR九州の車両たちを、魅力的なデザインにした立役者の水戸岡氏の心意気を感じる鉄道展だった。

特急車両の打ち合わせデッサン、クルーズトレインン「ななつ星」のイメージ紹介など見るものは多かったが、入場料が少し高いような気がした。

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

イオンモール福津郵便局

門司港駅から快速に乗って福間駅に。

ホームから階段をあがり、福間駅の改札を出て左手に進みむと、少し離れた場所にショッピングモールが見えた。そこが、イオンモール福津郵便局の有る場所だった。

駅前の真新しい小さなバスターミナルから、JR九州のバスに乗って約5分でショッピングセンターに到着。

バスを降りて館内に入り、左手に進んで行くと右側の角に郵便局が有った。

帰りは、通常10分間隔にバスが出ているのだが、なぜか乗ろうとした時間だけ20分間隔に成っており、駅まで歩けない距離ではなさそうなので造成中の中を歩いて駅に向かった。だいたい15分位で駅に着いた。

104 

イオンモール福間郵便局 74770

平成24年12月5日15時11分

結果的に、新設局としては今一番新しいイオンモール福間郵便局が、今年最後の訪問局となった。





107福間駅のコンコースから

通路正面に立つと、真正面にイオンモールが見える。ただし、区画整理に伴う造成工事中で真っ直ぐ行く道は無く、工事現場を避けながら歩いて行く事になる。






| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

九州鉄道記念館

12月5日、羽田から北九州行きのJAL便にて出発。

北九州空港からリムジンバスで小倉駅に。そしてJRで門司港駅に向かった。

今まで、時間も資金も郵便局を廻る事を最優先にし、それ以外の事は押えてきた。

しかし、足しげく通った九州も、これで最後だと思うと、どうしても行きたい場所が有った。

そこが、九州鉄道記念館。

059

九州鉄道博物館

12月のうすら寒いウイークデーと有って、入館者は少なく、すれ違った人は10人程度。

013

展示車両

門司港駅側から入ると一列に展示車両が並んでいた。

その展示車両に近づくと、その車両が活躍していた頃の雰囲気が伝わる音が流れて良い感じだった。

また、運転台を覗き込むと、スタフ(乗務員用の時刻表)が差し込んであった。凄い!

043

館内

2時間の滞在時間だったが、外の展示車両を見て、館内に入り鉄道模型の運転を眺め、2階に上がって色々な展示物を見ていたら、企画展の関門トンネルを見る時間が無くなってしまった。残念!!

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

11月末に思いもよらないことが・・・

11月に入り、新たに貯金扱いを開始した千葉県鴨川市の西條簡易局を5日に訪ね、16日は中国地方の未訪4局を廻って、予定通りに12月6日間局目標に向かって駒を進めて行った。

しかし、28日に岩手県一関市の舞草簡易局を訪ねる前日に事件は起きた。

何気なく、会社の昼休みに郵便局のホームページを開くと、そこには12月の貯金開始局が載っていた。徳島県の知恵島簡易局と愛媛県の別府簡易局が、12月3日に再開と同時に貯金扱いを開始すると記載が有った。え~、来週同じ愛媛県の岩木簡易局に行く予定なのに・・・。戸惑いとも驚きともつかない感情が体を走った。

また一緒に発表になった、3日に新たに貯金扱いを開始する島根県雲南市の東阿用簡易局は、上記の2局の動揺で、なぜか、すっかり訪局済みと思い込んでしまった。

その晩、一関に向かう夜行バスの中では、どう訪局順番を組み替えるか悩み続けた。

色々と考えた末に出した結論は、12月5・6日はイオンモール福間郵便局と粟国郵便局にしぼり、予定していた岩木簡易局は12月に貯金扱いを開始した2局と一緒に12月末に廻り、年内完局を達成せる事にした。

そして,組んだコースがこれ

12月5日

羽田空港(JAL)北九州空港(バス)小倉駅(JR)門司港駅~九州鉄道記念館~(JR)~

福間駅(JR九州バス)イオンモール福間郵便局(JR、地下鉄)福岡空港(スカイマーク)

沖縄空港~ホテル

12月6日

ホテル~泊港(村営フェリー)粟国島・粟国郵便局(村営フェリー)泊港(徒歩・モノレール)

那覇空港(JAL)羽田田区港

そのコース変更により、東京から松山で12月4日の最終便の取り消しには8000円のキャンセル料がかかり、さらにマイル特典で予約した松山・福岡間をキャンセルし、新たに東京・北九州間を取り直すに当たって変更手数料3000円を支払う事に成った。痛かったな。

やはり、ぎりぎり待っての手配の方が良いと言う事をあらためて感じた。

この結論をだした時、東阿用簡易の事は一切頭から飛んでおり、この事が大きく後に響いて行く。

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

粟国再チャレンジ始動

今年2月に時化で行く事が出来なっかた沖縄県の離島に有る粟国郵便局を12月6日に訪ねて、この局で日本中の貯金を扱っている郵便局を完局する計画を10月末頃から練りだした。

10月末時点で、残っていたのは粟国のほかに、福岡県のイオンモール福津郵便局、愛媛県西予市の岩木簡易、広島県竹原市の仲通簡易、島根県の佐世簡易、鳥取県の北谷簡易と気高逢坂簡易、静岡県の白羽簡易局の8局だった。

粟国、イオンモール福津、岩木簡易は最後にとっておき、それ以外の局については、ハードスケジュールになるが11月中に廻りきろうと思って計画を組んで行った。

さて、最後に残した3局だが、粟国行きの船が1日1便で泊港9時55分発。空港から泊港までの移動時間最低40分を考えると、島に行く当日に沖縄に入る行程は無理。前日に岩木簡易とイオンモール福津を訪ねて沖縄に1泊して翌日に粟国を訪ねるのがベストのようだ。

そこで、12月5日に岩木簡易からイオンモール福津の順で訪ねるルートで組んでみる事に。

岩木簡易局の隣りの八幡浜市には東京からの夜行バスが8時35分に到着する。そこから岩木簡易まで車で20分。その後、松山空港発11時20分福岡行きに搭乗。良い流れだ。早速松山空港で返車出来るレンタカーを探してみたが残念ながら無かった。

仕方なく、12月4日の羽田発松山行きの全日空最終便の予約を取り、空港でレンタカーを借りて八幡浜市で1泊する事に。

そして、手配したコースがこれ。

12月4日 羽田19時15分(全日空599便)松山20時55分着 レンタカーで八幡浜のホテルに移動し1泊。

12月5日 八幡浜から岩木簡易に行き、その後高速利用で松山空港に戻り、11時20分発福岡行きの日本航空に乗って九州に。空港から地下鉄・JR・バスを利用してイオンモール福間局を往復後、夕方のスカイマークを利用して沖縄に向かって那覇市内に到着。

12月6日 那覇市内の泊港から粟国行きのフェリーに乗って、粟国郵便局を訪ねる。

しかし、八幡浜から九州行きフェリーを利用して、イオンモール福間郵便局を廻っても、夕方のスカイマークに間に合う事は気が付いていなかった。

さらに、この後、コースが大きく変わる事態が発生することは、この時点では知る由も無かった。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に