東阿用簡易郵便局

2013年3月19日 (火)

米子空港

レンタカーを返して、松江駅から中海を眺めながら空港連絡バスで米子空港に向かった。

399

鬼太郎空港

最近ローカル空港で副愛称を付けるのがはやりだ。ここ米子空港では、平成22年4月から米子鬼太郎空港となった。

空港内に入ると、いたるところに鬼太郎と仲間達たちがいた。



411

伯耆大山

2月とは思えないポカポカ陽気の中、春霞がかかった大山が、空港からうっすらと見えた。(雲では無いです。大山ですよ~)

昨年の11月に大山眺めながら中国地方に残っている局を訪ねて、その時点で中国地方を完局した。その後一ヶ月しないうちに今度訪ねた東阿用簡易が貯金を始まり再びリベンジする事に成ったのが今回の訪局旅行だった。そして、これで終わったと思ったら、4月に広島・山口県で分室から郵便局に独立し訪局対象局が出来るようだ。私が中国地方が完局すると新しい未訪局が現れる。これからも、こんなことを繰り返して行くのだろうか。

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

出雲そば

一畑電車を眺めた後、松江の路地裏に有る老舗の出雲そば屋に向かった。

361

出雲そば

出雲そばと言えば、割子そばのイメージだが、今回は温かい山芋そばを注文。

出てきた蕎麦は、蕎麦湯をベースにした透明感の有るおつゆの中に、そばが浮かび、鰹節が乗った山芋と生卵がいろどりを添えていた。

白い容器に入っただしを加え、味を調えながら食べた。

蕎麦がきに近い食感のなかなかの美味しい蕎麦だった。

365

歴史を感じる店

年配の女主人が、店を切り盛りをしていた。店内は土間にテーブルが二つ、奥の小上がりの畳敷きからは坪庭が望めた。

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

一畑電車

出雲大社・出雲駅から宍道湖の北岸を通って、松江温泉まで結んでいる一畑電車。

今年の夏、私の自宅の前を走っている東横線の電車が一畑に行くとの事で、今一畑を走っている電車たちのメンバーが変わる前に、カメラに収めておこうと思った。

330

元京王帝都5000系(現2100系)

踏切でカメラを構えると、京王帝都時時代の塗装に戻されて走っている車両と遭遇。

関東ものにとっては懐かしい!

348

一畑色

レモンイエローもなかなかのお似合い。この車両が製造された1960年代中頃の関東私鉄では、輸送力増強に追われ、車両デザインよりも輸送力を求められていた。その中、京王の5000系のパノラマウインドウ顔は魅力的だった。

しかし、50年近くも走っていると、側面の方向幕部分などには痛みも目立ち始めている。

234

観光車両・5000系

都会で使われていた通勤電車を、ドア数を減らして、車内をロングシートからクロスシートに変えて観光仕様になっている。

このほか、南海から来た電車も走っているのだが、出会う事は出来なかった。

余談だが、東急と一畑は以前に共同運行で夜行バスを走らせていた。

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

出雲大社

目的の郵便局は訪ねた。

帰りの飛行機の時間(16時10分)まで、時間はたっぷり有る。

なにしようか。どこに行こうかと考えた時、今年の5月に出雲大社で大宮(だいせんぐう)が行われることを思い出した。

182_2 

出雲大社

今年は伊勢神宮が式年遷宮(しきねんせんぐう)、そして出雲大社が大 宮が行われ、それぞれ新しいお宮に神様が移る。

出雲大社の前回の大 宮が、昭和28年で日本が独立したサンフランシスコ講和条約の2年後。もちろん私は生まれていなかったが、世の中がまだまだ安定していない時代、よくこれだけの御社を作れたなと思いながら格子の隙間から非公開の御本殿(大屋根)を眺めた。

154 

仮御殿

大遷宮に伴い、神様の仮住まいに成っている仮御殿。

大遷宮が終わる5月10日以降、ここが拝殿になる。


216 

神楽殿

御本殿の西側ある神楽殿。

島根県にユースホステルが有った頃は、出雲大社によく訪ねたが、最近は訪ねる機会が少なくなっていた。振り返ってみると、今回は7年ぶりの参拝だった。

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

東阿用簡易郵便局

松江市内から県道24号線を進み、須我神社、海潮温泉の横を通り雲南市大東町に向かった。

心配していた雪は見る事は無く、山かげの畑は霜で白くなっていた。

約30分で大東町に入り、大東郵便局の先の交差点を左に曲がり、左手にコメリが見えてくるのを確認し(道は有っている)、阿用小学校の有る集落で左手に折れて、阿用簡易郵便局に到着。

102 東阿用簡易郵便局

平成25年2月28日9時27分

この日は気温が高く、どこにも雪は無く、2月の山陰とは思えない光景。

貯金を済ますと、いくつかの飴とお礼の言葉が書かれた紙が入った袋を頂いた。

112_2 


117 局の前の光景

局は表通りから曲がって、すぐのところに有った。

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

レンタカー

今回のレンタカーは、松江駅から東に歩いて5分のイオンの前のスタンドでやっているニコニコレンタカーを借りた。

松江駅周辺にはレンタカー会社をいくつも有った。ここに決めたのは、2月の山陰、行くのは山の方の雲南市と成れば雪の心配が有った。そして慣れない雪道となれば保険をかけておいた方が良い。そこで、スタッドレス車(マーチ)で保険込みで、6時間3150円(消費税込)の魅力で、ここに決めた。

そして、予定より30分遅れで、8時30分レンタカー店を出発。

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

ツアーバスで出発

島根県の東阿用簡易郵便局の訪局は、行きはゆっくり夜行バスで向かい、飛行機で帰ってくるコースで訪ねる事にした。

今回の計画は3月の郵便局の動向が気に成っていたので、ギリギリまで予約を入れるのを待ったが一向に動向が見えない状態が続いた。3月に、もし中国地方で新たな貯金取扱い局が出来たらどうしようかという不安を抱えながら、全日空のマイル申込期限の2月24日に航空券、バスの手配をした。航空券はすんなり予約が取れたのだが、27日に東京を出る松江・出雲市方面に向かう島根行きの夜行バスは何故か混んでいた。

JR中国と一畑の共同運行便の定期路線バスの「スサノオ号」は平日の2台運行にかかわらず満席で、空いていたのはウイラーが運行するツアーバスだけだった。

なぜ、2月の平日にそんなに混んでいるだろうかと疑問だった。

当日夜(2月27日)、新宿駅から歩いて10分の集合場所に成っている高層ビルの駐車場に向かった。出発時間は20時10分と早く、定時まで仕事をしていた私は夕食を食べている時間が無かった。仕方なく家の近くで買った弁当を持ち込んだ。

バスはほぼ定刻の20時13分に出発し、ドライバー氏のあいさつの後、途中休憩場所の4か所の説明(駿河湾沼津、刈谷、西宮名塩、ひるぜん高原)、車内の過ごし方の注意事項等の案内が有った後、車内の照明が暗くなった。テーブルは無く、ひざの上に弁当を広げて、薄暗い中を手探り状態で弁当を広げて食べたが、落ち着いて食べられる雰囲気ではなかった。

午前3時過ぎ、3回目の休憩で、西宮名塩サービスエリアでバスが停まっていると、バスが不自然に揺れた。暫くして発車時刻に成ると、ドライバー氏のアナンスが入り、当て逃げされたので、警察の検証が入るので暫く停まり到着は遅れる事が伝えられた。

50分遅れで出発し、松江駅には7時20分の予定が8時10分の到着と成った。

昨晩暗くて車内の様子が判らなかったが、降りる客を見ると、ビジネス客は少なく、大学受験の帰りだろうか、女子高校生と母親の組み合わせが目についた。そして、ドライバー氏は先程ぶつけられた右ミラーを調整てしいた。

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

特典航空券

今日から、2月28日に島根県雲南市の東阿用簡易郵便局を訪ねた話を書いて行こうと思います。よろしかったら、お付き合いください。

2月1日に四国の郵便局を廻りきった後は、残りの未訪局は、石川、島根。沖縄県にそれぞれ1局づつ残すのみとなった。

どれも、羽田から飛行機が飛んでいるほどの遠い場所だが、日本航空と全日空のそれぞれ1往復分のマイルを持っている私にとっては、マイルの無料航空券を使えるラッキーな場所でもあった。

ただ、航空会社によって就航路線も違えば、必要なマイル数が変わってくるので、どのように利用したら一番メリットが有るか色々な組み合わせのコースを作ってみた。

その結果、航空会社によって必要マイル数が大きく違う事が、コース作りのポイントに成った。

具体的には粟国郵便局に行くときに使う東京沖縄線のマイル数。日本航空はJALカードをもっていれば、2月は11,000マイル、3月は14000マイルで往復出来るが、全日空は2月でも14,000マイルが必要で、さらに3月は入ると15日までが18,000マイル、16日から31日まではなんと21,000マイルも必要だった。そこで、私は沖縄行きはマイル数の少ない日本航空を使う事にした。

また、全日空の無料航空券は日本航空と、それほど必要アイル数が変わらない中距離区間で使う事にして、島根県の東阿用局からの帰り道と、稗造簡易と3月12日に開局する宮城県の富谷明石台郵便局を結ぶ小松・仙台便の航空券に変えた。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に