いよいよ本州完局

2013年4月23日 (火)

帰り道

これで、本州の郵便局を総べて廻りきった。

嬉しいような、さびしいような気持ちで郵便局を後にした。

そして、バスで泉中央駅に出て、そこから地下鉄で仙台駅に向かい、17時発のツアーバスで東京に向かった。

いよいよ残っているのは1局。沖縄県の粟国郵便局だけとなった。

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

富谷明石台郵便局

仙台空港を出た電車は、津波で景色が消えた町から、いつもと変わらぬ時間が流れる街をぬけて、東北本線に合流し長町駅に向かった。

長町駅に降り立ってビックリ。

自分の知っている長町駅と景色が一変している。

私が仙台市内の郵便局を廻っていた平成6年の夏、駅は地上駅で、多くの赤い機関車たちが集っていた。それが高架駅に成り、機関車がいた場所は再開発スペースに成っている。

すっかり都会の風景に成った駅に降り立ち、地下鉄に乗り換えて終点の泉中央駅に向かった。

駅を出るとバスターミナルが広がっており、どのバス停だろうかと戸惑ったが、すぐにバス停は判り、宮城交通のバスに乗って、今日オープンした富谷明石台に向かった。

Tsy571_2

見えてきた!

バスを降りて、坂道を登って信号を渡ると郵便局の看板が見えてきた。

初めて訪ねる郵便局に行くときって、いつもワクワク感があって楽しい。でも、そのワクワク感も、ここを訪ねてしまうと残りは粟国郵便局だけに成ってしまうという寂しさも感じた郵便局訪局だった。




Tsy583

富谷明石台郵便局 81393

平成24年3月12日 14時54分

ショッピングセンター裏手に建つ郵便局に入ると、大勢の局員さんたちが忙しそうに動き応対していた。

活気を感じながら自分の番を待つ。何人いるんだろうと数えると9人も。凄いな。

この局の開局は3月中旬と発表されており、震災の有った3月11日に復興記念日のようにイベント開局するか、それとも大安に当たる翌日の12日かなと思っていたが後者だった。

| | コメント (0)

2013年4月17日 (水)

震災

飛行機は蔵王のわきをぬけるように宮城県に入り、太平洋で向きを変えて離陸した。

機内から、東日本大震災の影響はどうなんだろうと思いながら、眼下を眺めたが、ビーニルシートをかぶった家は無く、また太平洋に漂流物も無く、震災から2年経ってだいぶ落ち着いてきたのかなと思った。

しかし、電車で東北線の長町駅に向かうべき、仙台空港アクセス線のホームに立ってビックリ。駅から眺める風景は建物はほとんどなく荒野と化していた。津波にのまれた痕跡が手つかずに今だに残ったままだった。

そして電車に乗り、仙台東部道路と交差すると景色は一変し、復興住宅が点在するものの、真新しい住宅やマンションが広がり、ごく普通の新興住宅地の風景が広がったいた。

あらためて、場所によっての被害の差を感じた路線風景だった。

| | コメント (0)

2013年4月14日 (日)

仙台行き飛行機

稗造簡易郵便局を後にして富来経由で国道249号線を南下。上熊野郵便局まで来ると、局舎裏に怪しい道を発見。道幅が細く、国道と並行し、峠では勾配緩和の線形・・。もしかして廃線跡?家に帰って調べてみると、40年以上前に廃線に成った北陸鉄道能登線の線路跡だった。意外な発見が有って楽しいなと思いながら景色を楽しみ、珍信号名の猫の目交差点を曲がって柳田インターから能登有料道路に。

この能登有料道路を走っていると3月31日正午無料化の看板が随所に有った。確かに3月31日は平成24年度内だが、平成24年度中に無料化するなら、もっと早く無料化すれば良いのにと思う。

その後北陸道を進んで日産レンタカー小松空港店に到着。

メーターを見ると走行距離198km。やっぱり電気自動車のリーフだとバッテリー切れの可能性が有る距離だなと思った。

小松空港で少し時間を持て余しながら過ごして、仙台行きに搭乗。

Tsy419 

IBEXエアラインズ

東京に住んでいる私にとっては馴染みのない航空会社だが、大阪、仙台を拠点に運航している航空会社。

航空業界に新規参入がブームになった平成11年にフェアリンクとして設立後、平成16年現社名に成っている。

飛行機はYS11の60席より少ない50席と有って満席に近かった。

Tsy461 

飛行コース

小松空港から仙台空港まで、どのようなルートで飛ぶか興味が有った。最短距離は3000m級の山々がつななるアルプス越えだが、飛行高度を考えると厳しそうだ。

それでは、どんなルートを飛ぶんだろう。ワクワクしながら、窓側の席に座った私は待ち構えた。

飛行機は離陸すると、先程訪ねた能登半島を横断し日本海上空を北上した後、新潟市内から2000m級の山が並ぶ飯豊連峰を越えて米沢にぬけて、さらに蔵王をわきを飛んで仙台空港に着陸した。

写真は新潟までは春景色だったが、飯豊連峰に差し掛かると冬景色に眼下の景色が変わった時の景色。手前の雪山が飯豊連峰、白く斜めに広がっているのが会津盆地、さらに奥に見える湖面が猪苗代湖。

| | コメント (0)

2013年4月13日 (土)

稗造簡易郵便局

巌門で、荒々しい断崖からの景色を楽しんだ後、いよいよ今年1月に開局した稗造簡易郵便局に。

Tsy379 

稗造簡易郵便局 31805

平成25年3月12日9時

8時50分に局舎前に車で到着すると、局長さんの奥さんが飛んできて、アタフタと開局準備が始まった。

今日の営業準備が出来るまで、ロビーに張ってある開局を知らせる新聞の切り抜きなどを見ながら過ごしていると、奥さんがテレビをみる?とリモコンを渡してくれたり、東京からわざわざ?とチョコレートを手渡しでくれたりと、一旅行者に過ぎない私に色々と気を使ってくれて恐縮。

そして、なごやかな雰囲気につつまれて、今日の局めぐりはスタートした。

Tsy375 

お寺の簡易郵便局

局内には、開局を祝う鉢植えの花々が飾られていた。

その中の一つ、門徒会と書かれた鉢植えが有った。北陸では檀家では無く、門徒なんだと妙に印象に残った。

Tsy362 旧 稗造郵便局

簡易局行く前に時間が有ったので、以前の直営局(特定局)を覗いてみた。

看板こそ無かったが、局舎自体は取り壊される事無く完全な形で残っていた。

| | コメント (0)

2013年4月11日 (木)

巌門

北陸での滞在時間は時間が無いと思っていたが、思いのほか能登有料道路が速く走れて時間に余裕が出来た。

そこで、局から約20分の能登半島の景勝地「巌門」に立ち寄った。

Tsy342

巌門

約10分程度で歩ける遊歩道が整備されており、私以外だれも人がいない中、ゆっくり朝の日本海を眺めながら散歩。

ここは、松本清張の「ゼロの焦点」の舞台に成った場所で、丘の上には自筆の石碑も有った。

Tsy340

| | コメント (0)

2013年4月 9日 (火)

レンタカー

3月12日の予定は、まずは能登有料道路を走って、金沢駅から約80km離れた羽咋郡志賀町の稗造簡易郵便局に行って預入。次は来た道を戻って金沢市内から北陸道に走って小松インターに向かい、そこから小松空港に行き、11時50分の飛行機で仙台に向かうスケジュール。

なかなか、ハードだ。

まずは、金沢駅前に色々あるレンタカー店から早朝営業している店探しから始めた。

さすが、24時間営業は無いだろうけど、北陸で一番大きな金沢なら7時オープンのレンタカー店なら数軒有るだろうなと思っていたのだが、探してみると、7時からの営業は日産レンタカーのみだった。

選択の余地は無かった。

そして、ホームページを見ると、金沢駅西口店から小松空港まで電気自動車のリーフが3時間3,150円の超破格値のキャンペーンの文字が…。

魅力的だ。さすが3時間利用は無理だが、もう1時間分の1050円足して4時間なら行けそうだ。

ただ、電気自動車って1回の充電で、どのくらい走れるのだろうか・・。

そしてレンタカー店に電話。空きを確認しながら、連続走行距離を確認すると150kmとの事。

そうか、それしか走れないんだ。

今回の走行距離200km。チョット無理だ。挑戦しても良いのだが、途中でバッテリー切れになると飛行機に乗れなくなってしまう。

断念するしか無かった。

そして、マーチを借りて出発。

| | コメント (0)

2013年4月 7日 (日)

出発!

3月27日に粟国郵便局で完局していますが、少し時間を戻して、今日から3月12日に訪ねた局めぐりの話を書いて行こうと思いますので、よろしかったらお付き合い下さい。

訪ねた局は石川県の稗造簡易郵便局と、当日オープンした宮城県の富谷明石台郵便局の2局。

まずは稗造簡易郵便局を目指した。

前日の夜、新宿から金沢に向かうツアーバスで出発。本当は夜行高速路線バスを利用したかったのだが、石川県内での滞在時間を少しでも長く取りたく、一番早く金沢駅に着くバスを探した結果、翌朝7時着のツアーバス利用となった。バスは関越道から上信越道、北陸道と進んだようだが、ぐっすり寝ていて記憶が無い。目が覚めてカーテンをめくると、朝日に輝く金沢の町並みが見えた。

これで、金沢に来る事も無いだろうなと思いながらバスを降りた。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に