平成25年晩秋 東北を訪ねて

2013年12月23日 (月)

そして帰り道

大船渡から盛岡に向かう国道107号線の流れは速く驚いた。あとはお気楽に帰り道だし、急ぐことは無いと60km程度で走っていると、後ろから軽自動車にあおられてビックリ。おかげで盛岡まで2時間かからずに着いた。

盛岡駅前でレンタカーを返して、路線バスに乗って、飲み食べ放題の焼肉屋さんに行ってひとり打ち上げ。安い店を選んだのだから味の二の次。腹いっぱいに飲んで食べて大満足。

そして、久慈発盛岡経由の東京行きの夜行バスに乗って、翌日の朝に東京に戻った。

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

岩手開発鉄道

目的の3局は廻った。あとは盛岡に出て夜行バスで帰るだけだ。

そう思いながら、大船渡から遠野にぬける国道107号線を走っていると、木の影から線路らしきものが見え隠れしていた。

時間はたっぷり有る。

そうだ!せっかくの機会だから見て行こうと、ガード手前の信号を右ウインカーで曲がり、岩手石橋駅を目指した。

033岩手石橋駅

駅に着くと山里に汽笛が響いていた。その音を頼りに坂道を登って行くと、綺麗に並んだホッパー車のはるか先に青い機関車。

平成の初めまでは、デーゼルカーで旅客営業も行っていたが、今はこの石橋駅の採石場から港までコンクリート工場までの貨物営業だけになってしまっている。

039良い景色だが…

先日も書いたが八潮駅前郵便局を撮影中にカメラが壊れてしまい修理に出した。そこで、以前使っていた有効画素数200万画素の古いデジカメを今回持ってきたのが、日差しが弱いと青く写ってしまう。

写真を撮るために来たのではない。震災を乗り越えて頑張っている貨物鉄道を見に来たのだと、自分に言い訳をした。

044_2

| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

立根簡易郵便局

山形県から国道47号線で宮城県に戻り、峠を下った鳴子温泉界隈では紅葉の余韻を楽しむことが出来た。

温泉街をぬけて平野が広がり始めると「あ・ら・伊達な道の駅」が現れた。そこで、おにぎりを2個買って昼食代わりに。さらに登米街道に入り一迫からショートカットして国道4号線に入って少し走り、今度は県道48号線を使って「道の駅かわさき」の前を通って、国道248号線、45号線で大船渡にでた。

国道45線から見た津波の爪痕には言葉が出なかった。

025立根簡易郵便局 83710

平成25年11月22日14時31分

国道45号線沿い、大船渡東高校のはす向かいに有った。

事前に計算したところ、平均時速40kmで走って15時45分ごろ到着で、今回の訪局はかなりタイトだなと思っていたが、レンタカーを早く借りられたこと、国道がスムーズに流れたことも有って、予想より1時間以上も早く着くことが出来た。(一関からトータル距離で324km)

| | コメント (0)

2013年12月15日 (日)

中島簡易郵便局

続いて向かったのは、山形県尾花沢市の中島簡易郵便局。

いや、向かったと言うより、来た道をそのまま戻ったと表現した方が正しい。

018中島簡易郵便局 85701

平成25年11月22日 10時48分

先月(10月22日)に再開と同時に貯金扱いを開始した簡易郵便局。窓口に通帳を差し出すと、若い女性の局長さんは端末、私の通帳、そして操作方法を書き込んだ手作りノートを見比べながら、ていねいに確認しながら預入をしてくれた。

020しぐれ模様

一関から奥羽山脈を越えて、山形県に入ると弱い雨が降り出した。降ったりやんだりを繰り返し、薄日が差すときも有った。

そして、民家の軒下には雪が残っていた。

局舎前で撮った写真だが、冬の始まりを感じる景色だった。

| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

岩野簡易郵便局

朝、一関に降り立つと薄日が時々射すどんよりした天気だった。

バスが着いた寂しげな新幹線側の東口から、車庫線の踏切と跨線橋を渡って、メインの西口に出て、朝食として駅構内でかけ蕎麦を食べてからレンタカー会社に向かった。

営業スタート時間の8時前だったが、気持ち良く対応して頂き、スタットレスタイヤをはいたフイットで7時47分に出発した。今回目指すの局は場所が離れているだけに、早めに借りられたのは有り難かった。ほとんど運転経験が無いスタットレスタイヤ車のハンドルの重さを感じながら東北道に入り、一区間走り宮城県の若柳金成インターまで走行。その後は一般道を淡々と走り、10時8分に山形県村山市の岩野簡易郵便局に到着。

011岩野簡易郵便局 85705

平成25年11月22日10時8分

通りから少し引っ込んだ場所に立っており、気が付かず行き過ぎてしまい引き返して到着。一関から127.1km。到着時間を10時55分見込んでいたが、40分以上も早く到着出来て余裕が出来た。

| | コメント (0)

2013年12月10日 (火)

東北に向けて

今年の春以降に、山形に2局、岩手に1局の簡易局が、新たに郵便貯金を取り扱うようになった。さてと、いつ行くかとカレンダーとにらめっこしたが、仕事が忙しく時間が取れなかった。しかし、ほっとおくと冬があっという間に来てしまい、雪道を走れない私は春までお預けになってしまう。なんとか時間を調整して11月22日に訪ねる事にした。

まずは往復のバスの手配から。今回は、いや今回もと言った方が良いだろう。往復夜行バス利用。2週間前の11月8日にインターネットで手配をした。この時点で行きの前日(11月21日)の夜便はどの便にも空席が有ったが、ネックになったのは帰りがだった。東京到着日の11月23日が勤労感謝の祝日と有って、一関便は勿論のこと、仙台便もツアーバスの高い料金(7,000円)以外は席が無かった。色々と探した結果、久慈発盛岡経由東京行きの富士急行が運行している路線バスで席が取れた。

そして、11月21日の夜11時15分、東京駅に近い鍛冶屋橋駐車場から出るオリオンツアーのバスに乗って一関に向かった。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 平成25年晩秋 東北を訪ねて | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に