日記・コラム・つぶやき

2010年4月 3日 (土)

青春18きっぷ大丈夫かな~

 学校の長期間の休みにあたる春・夏・冬休みに、当たり前に発売されていた「青春18きっぷ」。

その切符を20年以上前から使って山形県から岡山県まで数々の郵便局を行って来た。キチンと数えていないが、訪局数は1,000局を超えていると思う。その多くは大垣夜行(のちのムーンライトながら)を利用した東海地方だ。

そして「青春18きっぷ」と大垣夜行(ムーンライトながら)が、今曲がり角に来ているような気がしてならない。

根拠はJR東日本の22年度の「青春18きっぷ」の発売予定のリリースだった。春と夏は例年通りの内容だったが、冬の発表は改めて発表するというものだった。冬といえば今年は新幹線の青森開業の時期。前回、八戸開業の時も「青春18きっぷ」は影響無かったものの割引切符は大幅に整理された。このタイミングが危なく感じた。

そして、もう一つの理由がJRの夜行バスだ。通常JRの鉄道ダイヤ改正とバスの改正は一致しないのが通例だが今回は妙に一致していた。バスの改正路線は例えば「ムーンライトながら」の運転区間と併走する東京から静岡・浜松間の夜行バス。ちなみにバス料金は早割利用で東京から浜松間4,320円。この金額は「青春18きっぷ」で「ムーンライトながら」に乗って東京から小田原間は別に乗車券を購入した時の料金4,260円とほぼ同額だ。この区間以外にも、東京から名古屋間のバスの値下げ、各所での格安バス路線の新設が相次いでいる。勿論格安で運行路線を広げているツアーバスとの対抗策も有るだろうが、それらを見ていると、まるで廃止に成った時の受け皿作りをしているようも見えてくる。

そこで、来春予定していた最後の「青春18きっぷ」を利用した局巡りを、一年繰上げ今春実施する事にした。

郵便局巡りの話は次回以降に。

| | コメント (2)

2010年2月18日 (木)

1,000円高速だったのだが・・・

 飛び石連休の谷間の2月12日が、高速道路の休日特別割引適用日になった。

そこで、少し遠いが最近貯金を始めた静岡県磐田市の勾坂(さぎさか)簡易郵便局の新規訪局を狙っていた。距離が遠いだけに高速料金の割引のメリットも大きく、本来片道5,000円するのが1,750円に成って、往復しても本来料金からお釣りがくる。

しかし、先日も書いたように、足に雑菌が入ってしまい断念。

次のチャンスは何時だろうか。

| | コメント (2)

2010年2月16日 (火)

JAL報道に思う

 先月JALが事実上倒産した。

決して肩を持つわけでは無いが、この事に対しての報道が変だなと感じた事があった。

倒産報道が有った日に、たまたま私は鹿児島にいた。鹿児島県の奄美諸島の空路は全便JAL系列によって運航されている。それだけに反応は気に成るところだ。それをどの様に報じているかなと見ていた。

すると、6月から鹿児島から奄美と鹿児島から徳之島の一部の便が、ジェット機からプロペラ機に切り替えになる事が、倒産の影響によるものと言うばかりの報道がされていた。またインタビューにおいても、機内が狭い、騒音が大きいなどたいして問題に成らないデメッリットを強調して伝えていた。まるで情報操作だ。

確かに6月からジェット機が減便になる。これは事実だ。しかし、原因は今回の倒産のせいでは無い。今使用している機材MD81(小型機163人乗り)の老朽化に伴い引退よるもので以前から計画されていた。なおこの機材はJAL統合以前にJAS(投入当時はTDA 東亜国内航空)が、ローカル空港のジェット化を目的に昭和63年に導入機種で、鹿児島県とはなじみの深い機材だ。

この機材が退役後はプロペラの代替機を導入するが、席数が今の半分に成るので便数を増やして、今と同じ輸送量を確保するダイヤ改正を今年の6月1日に実施する。

利用者とっては所要時間がほとんど変わらず、席数も減らず便数が増えるだからで、メリットの方が大きいはずで、観光客にとっても利便性は高まるはずだ。

それなのに、なぜ不満なのか解らない。

最近の報道を見ると悪と決め付けると、徹底的に叩く風潮が強いな。

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

日常の雑感

 ブログを始めて3年近くに成る。

メインテーマの通り、郵便局の話が中心で日常生活の話は、ほとんど触れてこなかった気がする。そこで、たまには日常生活の話を・・・。

左足の古傷からばい菌が入り足が腫れてしまい、2月8日の夜に急患で病院に行った翌日の2月9日の話を書こうと思う。

その日も病院に行ったのだが、混んでいてなかなか診察順番は廻ってこなかった。そして1時の渋谷での待ち合わせを気にしながら呼ばれるを待っていた。斜め奥の小児科からは、先ほどから鳴きやまない幼児の泣き声が響く。大の大人だって、病院は不安だし怖いもの。それが幼子なら尚のことだ。しかし30分近くも泣き止まない。

やがて看護婦さんがその子を抱いて診察室から出て来た。そして向かいの大きなビルが見える窓辺に立った。そこから少し下をのぞくと、山手線と山手貨物線が通っており、山手線が頻繁に通り、奥の貨物線には、埼京線、湘南新宿ライン、成田エキスプレスと、色も形も違う電車たちが次々に通っていく。まるで鉄道模型を見ているようだ。さっきまで火が付いたように泣いていた子は、もうすっかりご機嫌に。この窓は魔法の窓だなと思った。

すっかり待ちくたびれて退屈していた私とその周りの患者達は、その魔力を見て「すごいな看護婦さん」と、みんなの心が和んだ。

しかし、この後看護婦さんが言った一言がすごかった。「11時半から12時の間に桃太郎が通るからね」。

桃太郎とは貨物列車の牽引機関車の事で、時刻表から判断すると、札幌から青函トンネルを抜けて名古屋に向かう貨物列車のことだろう。(牽引機は直流機の桃太郎ではなく、交直機の金太郎)。

職業柄とは言え、この看護婦さんの鉄道の知識に脱帽した瞬間だった。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

入った!

 今回目標としていた郵便局は廻りきった。

後は帰るだけだ。

しかし、東京からはるか遠くの和歌山県田辺市まで来て、郵便局以外は何もせずに帰るのは惜しい。

そこで、まずはすっかり遅くなってしまった昼食をとるために食事場所を探した。せっかくここまで来たのだからと、その土地らしい物をと思うのだが、時間は4時近くとあって、店屋自体が営業していない。そこで、東京にもチェーン店が有るのだが、「天下一品」に入った。久しぶりに食べたこの味、こってりスープに関西を感じた。

ラーメンライスで腹は一杯に成った。さて、次は少し遊んでいこうと思い、隣町の白浜町に。

ここに日帰り温泉施設の「先湯」が有る。事前に調べると、大海原を望むロケーションのなかなか良い感じだ。今晩も夜行バスに乗ることを考えると、ゆっくり温泉に浸かりたいところだ。

そして、「崎の湯」に到着すると、なんと4時半迄。ロープが張られ閉まっていた。

残念。 近くの観光地の三段壁や千畳敷など見るものは多いが、以前見ているしな・・・。今一つ気持ちが動かない。

仕方ない。帰るかと思い海岸線を走っていると、何も無いところに人だかりが・・・。なんだ!と思い、車を停めて、その人だかりの輪の中に・・・。

すると、今、まさに円月島の穴の中に太陽が沈もうとしている。

そして、私も鑑賞する事に。

116 よしいいぞ!

太陽は円月島の洞窟の上に。

118 太陽は洞窟の中に

おおジャストだ。良い感じだ。

129

もう少しだ

太陽は洞窟に顔を出した

138 やったね。

太陽は穴の真ん中を目指して沈んでいった。

平成21年10月19日17時10分過ぎに撮影。

いずれも写真をダブルクイックすると拡大になります。

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

愛媛県から本州に2本目のルートが開通

 少し前の話に成るが、昨年11月18日に、広島県呉市沖の蒲刈島と豊島間に豊島大島が架かった。これで、またひとつ愛媛県から本州本土まで架橋島で結ばれた。

しかし、この橋の開通の話題は東京では耳に入らなかった。私が知らなかっただけかも知れないが・・・。偶然インターネットで山口県のレンタカーを探していた時、ホームページのトピックスに載っていて知った次第。

興味を持って調べてみると、なんでもこのルート(愛称 安芸灘とびしま海道)は、一番最初に橋が架かったのが上蒲刈島から下蒲刈島に渡る「蒲刈大橋」で、昭和54年10月に開通しているそうだ。したがって、今回の開通まで30年の歳月が流れている事に成る。今の日本で、これだけ長期に渡るプロジェクトが有るだろうかと思ってしまった。

そして豊島大橋の先に有る、広島県の豊島・大崎下島と、愛媛県の岡村島が架橋島と成る事により、日本全国の郵便局のある離島の数は1島へって173島に成った。更に私の郵便貯金(ゆうちょ銀行)目的で、訪ねた離島の数も1島減る事となってしまった。

今後の郵便局の離島の数の予想だが、今年は更に3月に先日訪ねた鷹島が架橋島に成り172島に成る。更に数年後に成るが、同じく長崎県で伊王島が本土架橋に向けて工事が進んでいる。さらには島間どうしでは、甑島などでは工事が進んでいる。そう考えて行くと、170島を切る日が来るのも意外と早いかもしれないと思った。この趣味を始めた昭和58年当時は、郵便局のある離島の数は、ゆうに200島を超えていたのに・・・。

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

明けましておめでとうございます

 昨年は多くの方に、このブログを見ていただき有難うございました。本年もよろしくお願いします。

 まずは報告から・・・

昨年の目標としていた離島貯金100島達成は、12月30日に山口県柱島で無事達成する事が出来ました。この訪局記は、追々書いていきたいと思います。

ちなみに昨年の訪局数は58局35島でした。年間の訪局数がこれだけ少ない年は、昭和58年に訪局をスタートした年が1局だけだったので、それ以来という事に成ります。

そして今年の目標は・・・

一昨年の24,000局達成や、昨年のような100局達成など、おおきなプロジェクトの予定は有りませんが、よりパーフェクトに近づける事を目標に、目先の訪局より長期的な視点に立って、局数や訪局の島数を伸ばして行けたら良いなと思っています。そんな思いを抱きながら、今年は30島80局程度を廻って行けたらと考えています。

それでは、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2008年12月31日 (水)

今年の最後に

 今年1年、このブログを多くの人に読んでいただき有難うございました。夏には1万アクセスを突破し、先日ついに1万5千の大台に乗ったことは本当に驚きでした。決して出来の良いブログでは有りませんが、来年も郵便局の訪局旅行を中心に書いていきたいと思いますので、是非ごひいきの程、よろしくお願いします。

そして、新年が皆様方にとって良い年で有りますように。

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

新年にあたって

 新年明けましておめでとうございます。今年も「郵貯な日々」のブログ、「郵貯な旅人」のホームページをよろしくお願いします。

 年頭所感として、今年の目標ですが、「平成20年、目指そうよ100島訪局」を展開したいと思います。今現在離島の訪局島数は6566島(平成20年12月14日修正)。つまり今年1年で35島の島々を巡る目標です。まずは2月に長崎県の伊王島、高島、松島、池島、佐賀県の神集島などを1泊2日で7島7局を廻りたいと思う。そして・・夏には五島列島の残りと・・と夢が広がる。しかし、離島の行き易さもピンきりで、1日に数便の交通機関がある島も有れば、1週間で1~2便の島もある。又、時化や台風などの天候によっては渡れない可能性も有る。なかなかハードルの高い目標だが、頑張って達成したいと思っている。

| | コメント (0)

2007年12月31日 (月)

大晦日を迎えて

 今日は大晦日。まずはこのブログを見て頂いた方に感謝。3月に始めて、9ヶ月チョッとで、総アクセス数が3000弱も行くなんて想像していなかった。こんなに多く見て頂き有難うございます。

 そして今年の訪局内容の総決算。12月28日に訪ねた三重県鳥羽市の離島を含めて全訪局数242局。訪ねた都府県は、宮城県(12局)、千葉県(1局)、東京都(1局)、新潟県(55局)、石川県(1局)、長野県(5局)、静岡県(8局)、愛知県(7局)、三重県(5局)、滋賀県(6局)、京都府(7局)、大阪府(1局)、岡山県(5局)、鳥取県(6局)、島根県(1局)、福岡県(2局)、長崎県(67局)、鹿児島県(52局)、1都2府15県に渡った。

 次に始めて訪ねた島だが、1月に対馬でスタートを切り、2月に玄海島と能古島、3月に佐渡島と桂島、8月に加計呂麻島、与路島、請島、徳之島、12月に奈留島、久賀島、糀島、福江島、黄島、嵯峨島、坂手島、答志島、神島、菅島。と19島を数えた。

 今年の目標だった24,000局達成し、幅広く内容の濃い局巡りが出来た1年だったと思う。

 これだけ廻っていると、「さぞ費用が・・」と思われるが、費用を削げる所はトコトン削って費用を落としている。具体的には、宿泊先は主に民宿。現地までの移動機関は、マイルの特典無料航空券や夜行バス等(夜行バス利用5回、夜行列車2回、船中泊2回)。レンタカーは最低ランク等。今年訪局旅行は、日帰りまで含めて9回行っているが費用は総額で37万円位だ。

それでは、皆さん良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に