趣味

2010年4月14日 (水)

下有地郵便局

 飛騨大原郵便局の次は、4月から無料開放になる飛騨美濃道路を通って郡上八幡に。そこから東海北陸道を走って、関市の下有地郵便局に。

73 下有地郵便局 24204

国道156号線沿いに有り、この局の前の道は幾度と無く今まで通っていたのに、落としていたとは・・・。

なんで落としてしまったかな~。と言うより、ごくありふれた外見の平凡な局舎を見て、本当に、この局は未訪局なんだろうか?と思った。(勿論、未訪局でした)



| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

奥谷簡易局

 木ノ原簡易局を後にして、紀ノ川を渡り山間地の入口に位置する奥谷簡易局に向かった。

36 奥谷簡易局 45716

10月19日 10時15分

奥谷簡易局は、廃校?に成った学校のグランドの下に有り、局の廻りを柿畑が囲んでいた。局舎は以前は役所の支所も兼ねていた。

31

39 局の先の光景

局舎の有る集落は紀伊山地の入口に当たり、標高差の有る険しい切り立った崖の上に有った。

25 柿の産地

局の有る奈良県五條市は柿の産地。今が旬と木いっぱいに実った柿が、青空に映える光景はとても印象的だった。 

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

今度は「青春エコドリーム」で出発

 今回は夜行バスで旅立った。

相変わらず金は無い。抑えられるところは少しでも抑えたい。

そこで、関西に向かうJRバスの中でもっとも安い「青春エコドリーム」の利用と成った。

このバスは新宿から中央道経由で大阪駅を経由して湊町に向かう夜行バス。8時間強の乗車時間のうち途中利用客が降りられるのは、下りの場合は境川パーキング一箇所のみで、そこではなんと30分近い休憩時間。時間を持て余し気味に車外に出ると、少し高台に有るパーキングからは甲府盆地の夜景が一望できた。

そして、以外だったのは翌朝の大阪駅からのルート。少しカーテンを明けて夜明けの大阪の町を眺めていると、一般道の御堂筋を走って行くだろうと想像していたのだが、以外にもバスは阪神高速に入って行きビックリ。

終着の湊町には予定より10分早い6時20分に到着し、バスの後方には高知県の宿毛からやってきた近鉄バスが到着。その後も続々と全国各地からやってくるバスを見る事が出来た。

03 青春エコドリーム

日曜日発とあって席は満席だった。

私は後のお客さんに気兼ねする事なく倒せる最後部の窓側の席を選んだのだが、下から響くエンジン音が気になって、なかなか寝付く事が出来なかった。

好みも有るだろうが、ラッキー席は1階の一人掛け席、2階の階段前、そしてシートピッチが広い10番C.・D席だろうか。

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

どう判断する?この簡易局

ここのところ硬い話題が続いてしまっているが、もう1日お付き合いを・・・。

郵便局では、一時閉鎖に成った郵便局の周辺の利用者の便宜をはかる為に、局の有った近くの公民館・公共施設や一般商店さらにはJRの駅等に、渉外社員が出張、もしくは移動郵便車を巡回させるサービスを全国120箇所で行なっている。

実はこの出張先には、旧簡易郵便局や現在貯金業務を行なっていない簡易郵便局が含まれている。

例えば、鹿児島県の荒川・里岳の各簡易局。いずれも今年の3月26日に郵便業務のみが再開されている局で、郵便局のホームページからそれぞれの局の扱い品目を調べると、貯金の取扱いは書いていない。そして昨日書いた財務局の「郵便局銀行業務代理業者一覧」の中の記載も無い。

しかし、出張サービスとして、火曜と木曜の11時から15時に、それぞれの郵便局において貯金業務が行なわれている。つまり、貯金業務を取り扱わない簡易郵便局が、親局からの出向で週2回貯金業務を行なっていると言うことだ。この場合の取扱店番号(局所コード)は、当然親局のコードに成ると思われる。したがって非常に分室に近い状態だ。こうした場合は訪局対象にするのか。大いに悩むところだ。

そして、神出鬼没的に実施されている出張サービスの貯金取扱い郵便局は、残念ながら追いきれないので、私としては貯金対象外とした。

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

23夏 四国に | 25年秋 落ち葉拾い | いつかは小笠原 | いよいよ南北大東島に | いよいよ本州完局 | さようなら 8000系 | しらゆき作戦 | となりの小田急線 | むずむずして上信越 | ダイナミック九州 | チャレンジ 青ヶ島 | トカラに行った話 | ネコ | バーチャル訪局 | 三島村へ | 中国地方を訪ねよう その1 | 中国地方完局 | 久々の郵便局めぐり | 伊豆の未訪局を訪ねる | 北の大地 完局 | 南紀出来た新たな貯金開始局 | 四国そして中国 | 四国・ファイナルステージ | 夏・みちのく | 屋久島と粟国島そして那覇市内 | 山梨を訪ねる | 年初めは瀬戸内から | 年末は口之島に | 御蔵・三宅島を訪ねる | 志摩諸島の郵便局たち | 新たな貯金扱い開始局 | 新緑の福島に | 旅行・地域 | 旅行貯金の日々 | 日記・コラム・つぶやき | 春の紀伊半島 | 春風に誘われて 山口 | 東急沿線の風景 | 東海地方 ラストスパート | 東阿用簡易郵便局 | 桜色の北近畿 | 沖縄で夢かなう | 瀬戸内の郵便局たち | | 秋・みちのく | 粟国再チャレンジ | 続 秋・みちのく | 続々と貯金扱い開始の東海に | 西海の島々を行く | 趣味 | 近場も訪ねよう | 道東 日帰り訪局 | 鉄道 | 青春18 再び西に | 青春18で岡山の局めぐに | 静岡県・山梨県の完局を目指そう! | 鹿児島の郵便局 | 黄金色に輝く南東北、越後路 | 4年に1度の日に